さすがアメリカ!?ロシア料理デリカテッセン『Sarge’s』の肉が半端ない【アメリカ・ニューヨーク】

2019/1/13 08:10 ワウネタ 海外生活

旅の醍醐味といえば食!3泊4日の旅行なので食事の機会は限られています。最初の朝食に選んだのはロシア料理のデリカテッセン。ニューヨークでロシア料理?と最初は思いましたが、ニューヨーク市内では意外とロシア語を見かけます。もちろんロシア語に限らず他の言語の看板や表示も多いので(一番はやっぱりスペイン語)、「人種のサラダボウル」と言われるだけあるなぁと。

さて、肝心のデリは朝から賑わっていました。デリ=総菜屋ですが店内での飲食も可能です。土曜の朝からテーブル待ちの待機列は店をはみ出すほどでした。タイミングが良かったのか10〜15分で席に着くことができ、注文したのはコーンビーフとパストラミのサンドウィッチ。

薄切りのパンにこれでもか!!!と肉が挟んであります。これはコンビサンドなんですが、隣のおじいさんはトリプルサンドを頼んで肉の量が写真の1.5倍になっていました。さすがに大きすぎる…という方にはハーフサイズにスープの組み合わがおすすめです。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ