年末年始TV出演1位 小峠ブレークの秘密をマネジャーが語る

2019/1/12 12:06 日刊ゲンダイDIGITAL

小峠英二(C)日刊ゲンダイ 小峠英二(C)日刊ゲンダイ

「なんて日だ!」

 老け顔でスキンヘッドがトレードマークのお笑いコンビ「バイきんぐ」小峠英二(42)の勢いが凄い。「2018~19年の年末年始TV番組出演者ランキング」(リサーチ会社のエム・データ調べ)で、「嵐」二宮和也と並ぶ22番組に出演し1位を獲得した。

「金曜★ロンドンハーツ年末4時間スペシャル」(テレビ朝日系)や「うわっ!ダマされた大賞」(日本テレビ系)などが年末年始の主な出演番組。「嵐」や有吉弘行らアイドルや大物タレントがランキング上位を占める中、どうして小峠がトップになったのか。所属事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」の担当マネジャーに聞いてみた。

「小峠はツッコミとボケの両方ができるので周りが扱いやすいのだと思います。ドッキリでだまされたときのリアクションがお茶の間にウケているようです。小さい事務所なので、多くの番組に出てもキャスティングなどで支障がないことも理由のひとつだと思います。本人は全然意識していませんが、多くの番組に出演させていただけるのはありがたい話です。ちょこっと出ている番組が多いのと、再放送もあったのでラッキーでした」

 担当マネジャーは謙遜するが、「陸海空 地球征服するなんて」(テレビ朝日系)などテレビ番組のレギュラーも3本。また、年末は「ジャンボ宝くじ」のCMでよく見かけた。「オランジーナ」「BIGLOBEモバイル」のテレビCMをはじめ、ウェブも含めると7社の広告に出演している。

■ポスト出川に急浮上

「コワモテの小峠ですが、『笑ったときの顔がカワイイ』と評判です。見た目のギャップが視聴者にウケて、好感度が高いのでCMに起用されているのだと思います。普段の小峠は関係者も驚くぐらい温厚な性格です」(担当マネジャー)

 数年前までは出演者や視聴者から「ブサイク」「キモイ」と言われ、元交際相手の坂口杏里には「クソハゲ」とののしられていた小峠。以前は“抱かれたくない芸能人男性”の筆頭格だった、お笑い芸人・出川哲朗と、なんとなくキャラがかぶる。

 実際、ネット上では「第2の出川か」なんてコメントもあるが、小峠は出川のポジションを狙っているのか。

「全然狙っていません。恐れ多いです。出川さんは神の領域です。ただ、小峠は昨年からTBS系の深夜番組『有田ジェネレーション』で司会にもチャレンジしています。今年は便利屋として、お笑いと司会の両立ができればと思っています。これからの芸能界は、なんでもやらないと生き残っていけません」(担当マネジャー)

 あくまで謙虚な小峠サイドだが、数年後には大物になっているかもしれない。ちなみに、相方の西村瑞樹(41)は12番組出演の20位だった。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント28

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ