ダンボが空を飛ぶ理由が明らかに!実写版映画『ダンボ』 ティム・バートンの世界観も秀逸

2019/1/11 17:08 ウレぴあ総研

 ©2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved ©2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

実写版『ダンボ』が2019年3月29日(金)公開。

本予告が公開されました。

ティム・バートンが『ダンボ』を実写化

ディズニーと鬼才ティム・バートン監督が、世界中から愛される名作『ダンボ』を全く新しい物語として実写映画化。

全世界注目の最新作『ダンボ』の本予告編が解禁されました。

ディズニー・アニメーションの名作『ダンボ』をベースに、オリジナル脚本で実写映画化するのは『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』、『アリス・イン・ワンダーランド』などで強い個性を持つキャラクター達の成長を描いてきた鬼才ティム・バートン監督。

「(『ダンボ』が)お気に入りのディズニー・アニメーション」と語る彼が、その独特な映像美と世界観でファンタジックに描く奇跡の物語に期待が高まっています。

鬼才ティム・バートン監督による『ダンボ』は、ディズニーアニメーション版をベースにしながら、オリジナルの物語が展開されます。

主人公は、サーカス団の子象ダンボを家族の一員として迎える兄弟。

ダンボは母ジャンボと再会するため、空へと羽ばたく計画を立てます。

「ベイビーマイン」などアニメーション版の名シーンにインスピレーションを得ながらティム・バートンの手腕でどのような世界観が描かれるのでしょうか。

ティム・バートンが「ピンクエレファント」をどう描くのかなど、見どころ満載です。

ダンボが空を飛ぶ理由が明らかに

この度解禁された映像では、愛くるしい瞳と大きな耳を持つ赤ちゃん象=ダンボがいかにして“空を飛ぶ”のか、そして空を飛ぶ理由が明らかになります。

戦争から戻ったサーカスの元看板スター・ホルトが世話をすることになった母象ジャンボの子供としてサーカス団で生まれたダンボは、他の象とは異なる大きすぎる耳を理由に笑いものにされてしまいます。

父ホルトの不在中に母親を病気で亡くした娘ミリーと息子ジョーは、そんなダンボを「キミの耳はステキだよ」と可愛がり、家族の一員として生活していました。

ある日、ダンボと遊んでいた2人はダンボが偶然鼻から羽根を吸い込み、くしゃみをした勢いで宙に飛び上がる姿を目撃。

ダンボの“空を飛ぶ”才能を発見します。

そんな中、ある事件をきっかけに母象と離れ離れにされ悲しみに暮れるダンボは、自身も金儲けを企むNYのサーカス「ドリームランド」の経営者ヴァンデバーに目をつけられてしまいます。

閉じ込められた鉄格子を挟んで、少しでも触れ合おうと、ジャンボと小さなダンボが懸命に鼻を伸ばし抱擁するシーンは、見る者の涙を誘う切なさが漂う名シーン。

「ママに会いたい」という強い想いを抱くダンボに、母を亡くしたミリーとジョーは深く共感。

ダンボを助けたいという子供たちの純粋な心に、荒んでいたホルトも心を動かされていきます。

心を一つにしたサーカス団の家族は力を合わせ、ダンボとママを再会させるべく、壮大な救出作戦を計画。

「一緒にママを取り戻そう。あなたならできる」というミリーの力強い言葉に背中を押され、ダンボは勇気を出して空を飛び、再びママに会うことができるのでしょうか。

小さなダンボがコンプレックスを強さに変え、一歩踏み出そうとする姿は、観る者すべてに勇気を運ぶ。

世界中を包み込む “勇気”という魔法に感動必至です。

『ダンボ』
2019年3月29日(金)公開

ディズニーと、個性の素晴らしさを描き続けてきたティム・バートン監督が新たな「ダンボ」の物語を実写映画化。“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す! 大きな耳で大空を舞うダンボが、世界中に“勇気”を運ぶ感動のファンタジー・アドベンチャー

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/ディズニー特集)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ