小林麻耶さんの夫・國光吟さん、出会いとプロポーズを振り返り「あの時の僕の勇気を褒めたい」

2019/1/10 18:10 アメーバニュース

小林麻耶さんの夫・國光吟さん、出会いとプロポーズを振り返り「あの時の僕の勇気を褒めたい」 小林麻耶さんの夫・國光吟さん、出会いとプロポーズを振り返り「あの時の僕の勇気を褒めたい」

昨年7月24日、元フリーアナウンサーの小林麻耶さんと結婚した整体師の國光吟さんが、9日に更新したアメブロで、コメント欄から質問があったという小林さんとの出会いとプロポーズについて明かしている。

國光さんによれば、最初の出会いは、2018年の5月下旬で、小林さんが施術に来た時だったという。当時について、「なぜか、初めて会った時点で結婚したいと思ったのですが、自分なんかじゃ無理だとか、芸能人だしとか、理由をつけては、その思いは打ち消していました。」と振り返る國光さんだが、「初めて会った時から、とても優しく素敵だなと思いました」と告白。

そして、改めて更新したブログ記事では、プロポーズについて言及。

小林さんが初めてお店に来た日から、また来てくれないかなと楽しみにしていたといい、「結婚したいと気持ちを打ち消しても、また来てくれないかなと期待をしてしまっていました。」とどうしようもない気持ちがあったことを告白すると、「二度目の予約の時も、やっぱりとても優しく素敵だなと思いました。」と2度目に会った時に、小林さんに惹かれていることを再確認したという。

「初めて麻耶ちゃんを施術した時に疲れがすごく溜まってると感じ(本人は何事もなく、元気いっぱいだと思っていたようですが) そんな麻耶ちゃんをいつしか、僕がずっとケアしていきたいなと思ったり、きっとおばあちゃんになった時は更に素敵で隣にいたら幸せだろうなと思ったりしてしまうようになりました。」「でも、そんな思いも相変わらず、がんばって打ち消していました。」と、気持ちにフタをしている日々だったが、ある日、タクシーの中で突然プロポーズをしたとのこと。

「付き合って下さいではなく、結婚して下さいと。今思うと、よくあのタイミングで結婚して下さいと言えたものだなと思います でも思いを押し殺して我慢していたので、結婚して下さいとなったのだと思います」と振り返ったうえで、「初めて出会った日から結婚したいとなぜか思ったので、結婚して下さいという言葉に間違いは無いのですが、あの時の僕の勇気を褒めたいとともに感謝したいと思います。おかげで今までの人生より更に今幸せです」とつづった。

読者からは「素敵なプロポーズのお話ありがとうございます。麻耶ちゃんが羨ましいです。」「とてもロマンチックな馴れ初めですね」「二人は出会う運命にあったんですね。わたしもそんな人と出会いたいな~」といった声が寄せられている。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント112

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ