ある日やってきた兄の奥さん その発言一つ一つに隠された真意にゾッとする

2018/12/9 08:00 しらべぇ

ある日やってきた兄の奥さん その発言一つ一つに隠された真意にゾッとする ある日やってきた兄の奥さん その発言一つ一つに隠された真意にゾッとする

女性(miya227/Stock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

ただ口うるさいのでやめてほしいと思っていた発言に、もっと深い意味があったとしたら…。女性向け掲示板『発言小町』では、兄嫁への不満を吐露する女子大生のトピックが話題になっている。

 

■投稿者の生活に口出しする兄嫁

投稿者は大学生の女性。母親を12歳の頃に亡くしており、今は父親と2人で暮らしている。27歳の兄は39歳になる奥さんと結婚しているという。

その兄嫁が、父親との生活について、投稿者に色々と意見をしてくるそうだ。まず、言われたのが「もう18歳なのだから一人暮らしすべき」というもの。

しかし、大学は自宅から近く、父親も「女の子の一人暮らしなんてとんでもない」と投稿者の一人暮らしには反対だという。

 

■再婚の意思がない父親に結婚を勧める

投稿者は、父親に「勉学に身を入れるためにアルバイトはしなくてもいい。国立大学だから学費もそれほどはかかっていない」と言われ、アルバイトをしていない。

それについても、「アルバイトしてでも学費の一部を払うべき」と無理強いしようとしてくるという。

また、「お父様の独り身はだめだ」と父親に再婚を勧めるように、投稿者に促してくるという。父親は「まだ死んだ母を忘れられない。再婚をする気はない」と常々話しているが、それにはお構いなしのようだ。

投稿者は、「兄は奥さんの言いなり。どうすれば、兄嫁が余計なことをいわなくなるでしょうか」と質問を投げかけた。

■掲示板には兄嫁の発言を分析したコメント

今回の投稿を受け、掲示板には兄嫁の真意を分析したという人からコメントが寄せられている。その分析は…

・アルバイトをすべき→お父さんが持っているお金は、出来る限り多く残しておいてね。学費を節約する分、長男夫婦にお金を使ってね。

 

・再婚を勧めるべき→再婚してくれないと、将来私が介護や身の回りの世話をしなければならなくなる…。今のうちに再婚して、家政婦兼介護要員を確保してね。

 

・一人暮らしをすべき→娘がそばにいると、日々の生活に困らないから再婚を考えない。再婚しないと、私が困るので空気を読んでほしい。

 

というものだ。コメントをした人の主観が入っているとはいえ、どれも納得できる理由ではないだろうか。

 

■両親と同居する20代未婚男女の割合は?

しらべぇ編集部が全国の20代未婚男女947名を対象に調査したところ、全体のおよそ7割が「両親と同居・近居している」と回答した。

投稿者と父親の生活に干渉してくる兄嫁。その真意のほどは、いったいどのようなものなのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年9月7日~2015年9月8日
対象:全国20代の未婚男女947名

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント47

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ