オタクで変人がヒーローになる映画どう思う?『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』インタビュー

2018/12/8 17:30 ウレぴあ総研

あの『ハリー・ポッター』のDNAを引き継ぐ新しい魔法ワールド『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。

その1作目『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は日本では73億円を越える大ヒットとなり、待望の2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』はそれを越える勢いの見事なオープニングを記録した。

そこで今回は、その魔法ワールドで重要なキャラクター、ノーマジ(人間)のジェイコブを演じるダン・フォグラーと、彼の恋人、魔法使いのクイニーことアリソン・スドルをご紹介。

ふたりは、この新シリーズの主人公、魔法動物(ファンタスティック・ビースト)学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が繰り広げる魔法いっぱいの冒険に参加する”旅の仲間”たち。映画はすでに公開中なので、ネタバレありで迫ります!

J.K.ローリングの脚本を読んで驚いた

ーー本作の展開は驚くことばかりです。とりわけクイニーが最後に下す選択はあまりに意外でした。このシリーズは原作がないので、初めてJ.K.ローリングの脚本を読んだとき、あなたたちはどう感じましたか?

アリソン・スドル(以下アリソン):脚本が完成するまえに、大方の展開は教えて貰っていたの。だからある程度はクイニーのことも知っていた。

ところが、脚本で読むとまた違った感じで、あたしもみなさんと同じように驚いたのよ。しかも、理解すら出来ないところまであったんだから!(笑)

あたしがやったのは監督のデヴィッド(・イェーツ)ととことん話すことだった。

なぜって、この映画ではいろんなことが起こっていて、クイニーにだけ構ってられないの。だったら、演技だけでクイニーのチョイスした気持ちを伝えなきゃいけない。

だから、彼女の心を理解するために何度も話し合ったのよ。

でもまあ、最初はそうやって戸惑ったけど、いまはとても納得しているわ。

ダン・フォグラー(以下ダン):僕も最初は凄く驚いたけど、アリソンと同じで、いまは理解している。

ジョー(J.K.ローリング)はきっと、クイニーを成長させたかったんだと思う。

これは彼女にとっては試練のようなもので、ある意味、冒険でもある。それに、映画の展開から考えても、ダンゼンこのチョイスのほうが面白いだろ?

おそらくクイニーとジェイコブはあと3作(全部で5部作予定)、追いかけたり、追いかけられたりするんだろうね。

最終的には一緒になるのか? それとも別れるのか? ジョーのみぞ知る! だよ(笑)。

ジョニー・デップは凄く親しみやすい人

ーークイニーをたぶらかした”黒い魔法使い”ことグリンデルバルドを演じたジョニー・デップとの共演はどうでしたか?

アリソン:グリンデルバルドって恐ろしいと思ったわ。だって、その人の聞きたいことを言うの。

つまりクイニーは「世界征服」なんてことは聞きたくない。

だから、そんなことはおくびにも出さず、彼女の欲しい「お前を自由にしてあげよう」という言葉を囁く。そうすれば、ノーマジのジェイコブと一緒になれるかもしれないから!

ダン:そうそう。そういうところが、さすが「黒い魔法使い」なんだよ。

ただ、演じたジョニーはとても親しみやすくて気さくだった。実は僕は彼が『ドンファン』(95)という映画で共演したマーロン・ブランドの大ファンで、ブランドについていろいろ教えてもらったんだ。

ジョニーはブランドの口真似をしながら教えてくれたよ。最高に楽しかった(笑)。

クイニー:そうなの。ジョニーって凄く親しみやすいの。

でも、あたしはグリンデルバルドのメイク、とりわけあの目(右目が灰色で、左目が黒)! あの目でジョニーが現れたときは、思わず目を逸らしちゃったくらいよ。

本人は「へーイ」なんて言って思いっきり普通なんだけど、本当に怖くて。

オタクで変人がヒーローになる映画についてどう思う?

ーーオタクのダンさんから見て、ニュートのようなオタクで変人がヒーローになる映画についてはどう思いますか?

ダン:それって、僕がもうオタクだって決め付けているよね?(笑)

ーー違うんですか?

ダン:いや、違わない(爆笑)。はい、僕はオタクです。

ポップカルチャー全般が大好きだし、そうなったきっかけは『インディ・ジョーンズ』シリーズだね。で、僕はニュートのことを、そのインディとチャールズ・ダーウィンを掛け合わせたようなヒーローだと考えている。

それに、とてもいまっぽい。つまり、感情が凄く豊かで、彼の痛みや怒り、悲しみや苦しみがちゃんと伝わってくるからだよ。

それはおそらく、オスカー男優のエディ(・レッドメイン/『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士を演じアカデミー主演男優賞を受賞した)が演じているからだろうけど。

好きなスーパーヒーローは?

ーー好きなスーパーヒーローは?

ダン:ワオ! それは難しい質問だな……うーん……やっぱりバットマンかな。

彼はスペシャルな能力をもたない生身の人間なのに、勇気と正義感でヒーローをやっている。それってほら、ちょっとジェイコブみたいじゃない?

マーベルならウルヴァリンかな。彼のアンチヒーローっぽいところが好きだよね。アリソンは?

アリソン:困ったわ。あたし、その辺のこと、まったく詳しくないのよ。キャットウーマン? ワンダーウーマン? そんな感じなの?

ダン アレはいいの? ほら、アレ。

アリソン:え?……ああ、そうだった。好きなキャラクターがいたわ! ヘルボーイよ。新しいほうのヘルボーイ! 大好きだわ(爆笑)

アリソンが思い出したヘルボーイは、ダークフォースコミックの人気キャラクターで、映画ファンにはギレルモ・デル・トロ版が知られている。

アリソンが言った新しい『ヘルボーイ』(全米公開19年4月予定)は、そのタイトルロールを演じているのがNetflixの大人気シリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で署長を演じているデヴィッド・ハーバー。

アリソンは現在、彼とラブラブなので、慌てて付け足したのだ。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

ハリー・ポッター魔法シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11 月 23 日より全国ロードショー公開。

魔法動物<魔法動物<ビースト>を愛する魔法使いの主人公・ニュート役にはアカデミー賞受賞俳優のエディ・レッドメイン、ニュートのホグワーツ魔法学校の恩師であるダンブルドア先生役にはイギリスを代表する名俳優ジュード・ロウ、そしてダンブルドアと双璧と言われる最高峰の魔法使いにして最強の敵・グリンデルバルド役にはハリウッドを代表する俳優であり、本作では彼がこれまでに演じた役の中でも最も危険かつ魅惑的なキャラクターを怪演するジョニー・デップらを筆頭に、かつてない超豪華キャストが名を連ねる。

次々に繰り出される圧巻の魔法に、新しく登場するユニークな魔法動物たち、立ちはだかる黒い魔法使いの野望を前にして試されるニュートと仲間たちの絆――。魔法界と人間界の支配を企む、史上最強・最悪の“黒い魔法使い”、グリンデルバルドによるかつてない危機が迫る中、ニュートと仲間たちは世界を救えるのか!?

(Medery./渡辺 麻紀)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ