吉岡里帆『体の芯からまだ燃えているんだ』テレビ初披露で改めて実感「あいみょん凄い」

2018/12/7 12:10 Techinsight

ギターを教わる吉岡里帆(画像は『吉岡里帆 2018年12月6日付Instagram「FNS歌謡祭見て頂きありがとうございました。」』のスクリーンショット) ギターを教わる吉岡里帆(画像は『吉岡里帆 2018年12月6日付Instagram「FNS歌謡祭見て頂きありがとうございました。」』のスクリーンショット)

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日公開)で主人公・シン(静川真)役の阿部サダヲとヒロイン・明日葉ふうか役の吉岡里帆が、12月5日放送の『2018 FNS歌謡祭』第1夜に出演、「シン&ふうか」として映画主題歌『体の芯からまだ燃えているんだ』をパフォーマンスした。映画館の舞台挨拶でサプライズライブしたことはあるが、テレビでは初披露だ。

【この記事の動画を見る】

阿部サダヲはバンド・グループ魂でボーカル「破壊」として活動しているが、それでもこの曲で歌の上手さを再認識させられた。そして何より驚いたのが吉岡里帆による魂の熱唱である。

ステージでギターを掻き鳴らしながら歌う彼女が、次第にヒートアップしてくるのが画面からも伝わってきた。パワーを絞り出そうとしながら雑にならないよう抑えようとする彼女なりの葛藤があったのではないか。その姿は最早立派なアーティストだった。

オンエア後にインスタで「FNS歌謡祭見て頂きありがとうございました。初めてで緊張しました…」とステージを振り返った吉岡里帆。寄せられたコメントに目を通し「嬉しくて泣けてきました」という。

『体の芯からまだ燃えているんだ』を書き下ろしたのはシンガーソングライター・あいみょんである。吉岡は、「歌っている際中、歌詞が自分の気持ちとリンクして不思議な気持ちになりました。あいみょん凄い」と改めて感謝していた。

『2018 FNS歌謡祭』のインタビューで、彼女は「映画のリハーサルに入る半年前からギターの稽古をつけて頂き、練習の途中段階で監督に見て貰ったら『これじゃ映画に出せない!』と言われ、ものすごい背筋が伸びた」と明かしている。それからは移動中や他の現場に行くときも、とにかく「ギターを持つ!」決意で臨み克服したという。インスタでは練習をはじめた頃の動画も公開しているが、短期間でそこまで上達した集中力は相当なものだろう。

女優として他の作品に忙しいだろうが、『体の芯からまだ燃えているんだ』はこれからも歌い続けてほしい名曲である。

画像は『吉岡里帆 2018年12月6日付Instagram「FNS歌謡祭見て頂きありがとうございました。」、2018年10月19日付Instagram「映画館でサプライズライブ。」、2018年10月12日付Instagram「テレビブロス11月号!対談」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ