天才テリー伊藤対談「脳みそ夫」(3)自信の脳みそネタから方針を変えて

2018/12/7 13:00 アサ芸プラス

天才テリー伊藤対談「脳みそ夫」(3)自信の脳みそネタから方針を変えて 天才テリー伊藤対談「脳みそ夫」(3)自信の脳みそネタから方針を変えて

テリー そこまでドハマリしたパチプロを、どうしてやめることになるの。

みそ夫 2年ぐらいたったある日、8万円も負けてしまった時に、ふと考えたんです。同世代の友達はみんな外で忙しく働いているのに、自分はどうなんだ、と。毎日天気がよくても悪くても、朝10時から夜の10時くらいまで、人とまったく触れ合わず、暗い店内でずっと台の前に座ってただハンドルをひねっている人生を、自分は望んでいなかったことに気づいたんですよ。

テリー 逆にそんな生活、よく2年間も続けられたよね。

みそ夫 今考えると、本当にムダな時間を過ごしていたなと思います。そこで「もう一度、お笑いをやりたい」という気持ちが再燃して、人生も一度だからここで挑戦してやろうと、元落研の仲間とコンビを組んで活動を再開しました。でも、人間2人のコンビ形態はもう古い、そればかりが気になっていたんです。

テリー それ、さっきも言っていたよね。ボケ・ツッコミのスタイルが好きじゃないんだ。

みそ夫 というより、僕の中で「お笑いは何か新しいスタイルを提示するもの」という意識が強くて。特にその頃は、何でもいいから新しいものを作らなきゃいけない、と勝手に思い込んでいたんですよ。

テリー でも、ある程度の基本を押さえておかないとお客さんが理解できないからね。

みそ夫 まさにテリーさんがおっしゃるとおりなんですが、当時はまったくそこまで頭が回らなくて‥‥。それで「不慮の事故で培養液に浮かんだ脳だけの姿になった相方」という設定を作って、自分で作った脳みその模型を浮かべた水槽と並んで漫才をしたんです。見た目にもパンチがありますし、「さすがに、脳みそとコンビを組んでいるヤツはいないだろう!」と思ったわけです。

テリー あ、それで芸名が「脳みそ夫」なんだ。

みそ夫 そうです。「脳」と「みそ夫」のコンビで「脳みそ夫」。

テリー そのネタ、俺、昔見たことあるな。

みそ夫 テリーさんが、何かのテレビ番組で当時の僕のネタを見てホメていた、と友達に聞いて、それがすごく励みになりました。

テリー そんなこと、あったかもね。で、その路線の手応えはどうだったの。

みそ夫 8年くらいそんな感じでやっていたんですけど、ブレイクの気配がまったくなくて。

テリー フフフ、やっぱりちょっと斬新すぎたか。

みそ夫 それまでフリーでやっていたので、さすがにどこかの事務所に入らないとダメかな、と気づきました。そこから、いろんな事務所を回ったんですが、拾ってくれたのはタイタンだけでした。

テリー 爆笑問題の事務所じゃないの。さすがだね。

みそ夫 でも、自信の脳みそネタでは合格しなかったんですよ(苦笑)。そこからいろいろ試行錯誤して、「昭和にありそうなCMのパロディ」「有名人の半生を完全な想像で振り返る」といったネタで、やっと認めてもらえました。

テリー 新たなネタを開拓できたんだ。

みそ夫 はい。そこで、ただ脳みそをいじるより、自分自身の体を使って派手なことをやったほうがおもしろいんじゃないか、というふうに思い始めたんです。

テリー なるほど、そこから「OL聖徳太子」なんかの今のネタにつながっていくんだね。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ