マフィアが作った街ラスベガスを味わう『モブミュージアム』【アメリカ・ラスベガス】

2018/12/7 08:10 ワウネタ 海外生活

ラスベガスがどのように作られたか知ってますか?その由来はなんとマフィア!第二次世界大戦終結後、カジノで儲けられると気づいたマフィアがイタリアから次々にやって来てホテルを建設し、今のラスベガスの原型ができました。

マフィアというと映画の中のイメージが強いですが、ラスベガスのダウンタウンには、生きたマフィアの証が残されています。それが『モブミュージアム』。モブは英語でマフィアを意味します。

ミュージアム内には有名なマフィアの写真や所持品、歴史、マフィア同士の抗争など事細かに展示されています。中にはこれ展示しちゃって大丈夫…?と心配になるような写真や映像まで。心臓の弱い方にはちょっと進めませんが、日本ではまず見られないものばかり。

最後には世界各国の犯罪組織が展示されていました。その中には「JAPANESE YAKUZA」の文字が。キラキラしたイメージとはひと味違うラスベガスを楽しみたければ、『モブミュージアム』おすすめです。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ