JUMP有岡大貴と熱愛発覚…松岡茉優の“オジサン顔負け”素顔

2018/12/7 12:06 日刊ゲンダイDIGITAL

電子たばこを愛用(C)日刊ゲンダイ 電子たばこを愛用(C)日刊ゲンダイ

 女優の松岡茉優(23)と「Hey!Say!JUMP」の有岡大貴(27)に熱愛発覚だ。ふたりの“愛の巣”は都内の一等地にある超高級タワーマンション。交際開始から1年以上になると発売中の「女性セブン」が報じている。

 同誌によれば、11月下旬のある日、午後10時ごろ、コンビニ袋片手に帰宅する松岡をキャッチ。その6時間前に有岡が一足先に帰宅していた。2人は共通の知人を介した食事会で2年前に知り合い、“ひとつ屋根の下”に住み始めたという。週刊誌記者が話す。

「すっかり定着したスタイルですね。マンションの建物内に入るには、オートロックに加えて、警備員のチェックもあり、張り込みの記者泣かせの物件です。もちろんデートはもっぱらどちらかの部屋で、ということになります」

 松岡といえば、若手ナンバーワン女優の呼び声も高く、今春、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した「万引き家族」では“JKリフレ店”で働く若者を熱演。是枝監督はその演技にベタ惚れし、彼女のために脚本をすべて書き直したほどだ。映画批評家の前田有一氏はこう語る。

「確かに実力は突出してると思います。演技にも非常に真面目に取り組んでおり、18歳くらいの時にすでに女優を自分の一生の生業にすると決めていたそうで、性根が据わっている。それで作品や監督に恵まれるという、いい連鎖が起きているんですね」

 同作では役作りのために東京・錦糸町のJKリフレ店を訪れ、プレーの内容について熱心に研究したというから“役者根性”は相当なもの。

 もともと妹が芸能事務所のオーディションを受けた際、担当者の目に留まり8歳で子役デビュー。13年NHKの朝ドラ「あまちゃん」で劇中アイドル「GMT」のリーダー役を演じブレーク。当時インタビューしたグラビア誌編集者はこう話す。

「他のアイドルや女優と違って、すでにどっしりした“大物感”がありました。外見はアイドルのようなのに、こちらの思惑を読み取っているというか、いささか人を食ったような受け答えで、オバちゃんくさいというより、むしろオヤジっぽく感じました(笑い)。気さくに『ガハハ』と笑っていたのが印象的でしたね」

 かつて焼き鳥屋で一人、たばこをくゆらせながら手酌で酒をあおる姿が写真誌で報じられたこともある。松岡を因数分解したら、アイドル顔以外は新橋のオジサンそのものである。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント52

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ