京都「ななや」から茶葉にこだわり抜いたスーパーリッチ抹茶ジェラートが登場

2018/12/7 11:00 TABIZINE

tabizine.jp tabizine.jp

「ななや」店舗

海外では抹茶人気が高まりを見せつつあります。その抹茶人気を受け、抹茶スイーツの販売をしている京都「ななや」では、ありえないほど超濃厚なジェラートを作るため、京都・宇治抹茶の中でも特別な生産者に限定し、こだわり抹茶を新茶でリニューアルします。

生産者を限定したお茶で作るこだわりの抹茶ジェラート


ジェラート

「ななや」では、抹茶ジェラートの濃さがNo.1~6までの定番品があり、好みに応じて好きな濃さのジェラートを楽しめます。店舗併設の工房にて製造しているので、いつでもできたてを味わえます。今回「ななや」で作る最高濃度のジェラートは、従来の高品質な抹茶をさらに追求し、農林水産大臣賞の最も受賞経験豊富な生産者、菊岡 祐一さんが作る茶葉に限定したシングルオリジンの茶葉を使用することにしたのだそう。シングルオリジンのお茶とは、単一生産者、単一品種の茶葉のことを指します。その茶葉を育てている茶園のみの中から、ジェラートに合う茶葉を選定しているのです。

ジェラート

「ななや」が選んだ茶葉の生産者の菊岡さんは、全国茶品評会で、最高評価の一等一席を得て農林水産大臣賞を受賞し、同じ賞を過去29度も受賞している生産者で、茶業界でも高い評価を受けています。菊岡さんの茶園は京都の木津川流域にあり、その土地特有の上品で渋味が少なく、色合いが明るい鮮やかな色調の緑色の抹茶ができるのだとか。その茶葉の特性を活かし、超濃厚なジェラートが生まれました。

茶葉はいつ摘んだのか?が、お茶の品質管理上最も重要だそうで、今回は菊岡さんの茶園の中から香味のキャラクターがジェラートに最も適した、さみどり種を選定。その中でも天候の適温が5日続いて茶葉に香りが乗り始め、最も香味バランスがよかったという5月20日の1日だけに収穫した茶葉だけを使用したものが味わえるそうですよ。

ここまで茶葉にこだわったジェラートもなかなかないのではないでしょうか。最高濃度の抹茶ジェラートをぜひ一度食べてみたいものですね。

「ななや」外観

ななや京都三条店
住所  : 京都府中京区柳馬場通三条上ル油屋町92-1
電話番号: 075-251-7780
営業時間: 10:00~18:00
定休日 : 毎月第一火曜日(祝日を除く)
URL   : http://nanaya-matcha.com/?mode=f4&sid=60

[@Press]

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ