お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

2018/12/7 12:06 日刊ゲンダイDIGITAL

「とろサーモン」の久保田(右)と相方・村田秀亮(C)共同通信社 「とろサーモン」の久保田(右)と相方・村田秀亮(C)共同通信社

 漫才レースの最高峰である「M―1グランプリ2018」(テレビ朝日系)が2日の放送終了後、すこぶる後味の悪いことになっている。発端は、昨年の覇者である「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)の発言。審査員のひとりである上沼恵美子(63)に対し、「酔ってるのを理由にして言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「おまえだよ、一番おまえだよ。わかんだろ、右側の!」などとカメラ目線で恐れ知らずの猛批判を繰り広げたのだ。相手は他でもない、関西テレビ界の女帝である。

 一連の流れは、今大会に出場し7位に入った「スーパーマラドーナ」武智(40)が配信したインスタライブでの発言で、ほどなく動画は削除。久保田は自身のツイッターで「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした」(4日付)と平謝りしたが、後の祭りである。ちなみに上沼は、久保田が謝罪した前日(3日)にラジオのレギュラー番組で、過去6回務めた審査員の引退宣言をしている。

 まあ、女帝が“ひよっこ”芸人の言葉だけで自らの進退を決めるようなことはないだろうが、お笑い芸人仲間など周辺の反応は「やっぱり久保田は酒で身を滅ぼした」という声がしきり。ある芸人は、こう話す。

「久保田はかわいがっている後輩の面倒見は決して悪くはなく、彼らを飲みに連れて行くこともあるが、いかんせん酒癖が悪い。いつも以上に口が達者になり、誰彼かまわず暴言を吐くんですよ。酒を飲んで生放送に出たこともあったとか。売れない時代が長かったし、昨年、M―1で優勝したとはいえ、1年経ったいま、テレビのレギュラー番組はゼロ。いろいろウップンがたまってはいるんでしょう。そもそもメンタルが弱く、浮き沈みが激しいところもある」

 たとえば、今年春に一部週刊誌に仕事を飛ばしたなどと“素行不良”を報じられたときも激高。勢いのままツイッターで担当記者の名前をハッシュタグで明かしていたが、「それを見たバラエティーの現場の人間は記事の真偽はともかく、“巻き込まれると面倒くさい。関わりたくない”と、とろサーモンへのオファーを渋るようになった」(在京キー局制作関係者)という。

 そんな逆風が吹きまくる中、新チャンピオンが登場。しかも、打って変わって「霜降り明星」の評判は上々だ。すでに60件超の仕事のオファーが殺到しているというが、「せいやと粗品は、2人揃って、M―1の打ち上げでも祝い酒を自重していた」(芸能関係者)というからプロ意識が高い。

 前回王者となった、とろサーモン久保田には、一時休業報道も。お笑い界追放寸前である。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント62

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ