渋谷ハロウィーン軽トラ横転…暴徒4人の素性と執念の捜査

2018/12/6 17:00 日刊ゲンダイDIGITAL

異様な雰囲気だった(ゆうメンタルクリニック提供) 異様な雰囲気だった(ゆうメンタルクリニック提供)

 捜査員の間では「クレージーハロウィーン事件」と呼ばれていた。ハロウィーン前の週末の10月28日、東京・渋谷区のセンター街で軽トラックが横転させられた事件で、車の上に乗って踊るなど乱痴気騒ぎしていた暴徒たちが逮捕された。

 暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)の疑いで5日、警視庁捜査1課に逮捕されたのは会社員の糀原翔大(20=世田谷区)、美容師の国分陸央(20=目黒区)、土建業の川村崇彰(22=山梨県富士吉田市)、とび職の黒木裕太(27=川崎市)ら4容疑者。

 28日午前1時ごろ、男性が運転する軽トラックが路上で群集に取り囲まれ、立ち往生。すぐに数人の男が荷台に乗り込んでジャンプし始め、屋根に上がる者もいた。その後、上半身裸の川村容疑者が荷台から見物人をあおり、車から降りると、今度は車を囲んでいた十数人の男が車体を持ち上げて横転させた。すると上半身裸の糀原容疑者が軽トラの運転席のドアによじ登り、ボディービルダー気取りでポージング。他の連中も荷台の扉に乗って踊ったり、車体をボッコボコに蹴って走行不能にした。

 調べに対し、「運転席側のドアの上で飛び跳ねたのは間違いない」(糀原容疑者)、「騒いでいるのを見てやってしまった」(黒木容疑者)、「酒を飲んだ勢いでノリでやってしまいました」(川村容疑者)、「ハロウィーンイベントでワクワクして、好奇心からやった」(国分容疑者)などと供述しているという。4人の間に面識はなく、それぞれ「暴動」に加わった。

 糀原容疑者は電気工事士で大阪市内の工科高を卒業後、都内の電気設備会社に就職。勤務先の担当者は「状況が分からないので処分などは決めていない」と語った。

 国分容疑者は福島市の商業高を卒業し、原宿の美容院でアシスタントとして勤務。同僚の話では事件後も騒動の話はせず、普通に仕事をしていたという。

 川村容疑者は山梨の実家の土建屋で職人をしている。

「朝の暗いうちに警視庁の車が3台来て川村容疑者を連行していった。(昔は)ヤンチャしてて元暴走族だった。(動画では)パンツ一丁になってフラダンスみたいなことしてたけど、昔から大勢の前で騒ぐのが好きなタイプだった」(近隣住民)

 捜査1課は現場周辺にある約250台の防犯カメラの映像を分析し、フランス人やベルギー人を含む男15人が関与したとみて、10人の身元を特定。特に悪質だった4人を逮捕し、17~37歳の残り11人を書類送検する方針だ。

「捜査員43人態勢で足取りを追跡。最寄り駅を調べ、聞き込みをし、約4万人の中から15人を割り出した。事件発生から1カ月ちょっとで逮捕に至ったのも、検挙をもって抑止とするため。『調子に乗るなよ』という意味も込められている。来年また暴動が起きたら、批判が出るのは間違いない。何をやっているんだということになる。ラグビーワールドカップや東京五輪なども控えていますから」(捜査事情通)

 渋谷のハロウィーンには27日夜から11月1日未明の間、延べ31万3000人が詰めかけ、女性が胸や尻、陰部を触られるなど、被害が続出し、計19人が逮捕された。「逮捕」ぐらいでこの手のヤカラがいなくなるとは思えないが……。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント62

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ