みのりほのか、大ヒット曲「UFO」のカバーや12月に控えたワンマン公演についてのインタビューが到着

2018/11/20 18:00 OKMusic

みのりほのか みのりほのか

最強の洗脳アイテム“アンドル”としてラスタァ星から地球を征服しにやってきたはずが、今やすっかり“地球人に夢中”になっているみのりほのか。彼女が地球人を洗脳するための手段として、9月いっぱい毎週木曜日深夜に『勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~』のエンディングテーマとして、地球に住む一部アイドルヲタクたちのハートを虜にしてきた「宇宙人だ」のMVを流したところ、“これ、最強のチップチューン(簡単に説明するならゲーム音楽風の音を用いた楽曲)じゃねぇ!!”とゲーマーたちの間で一部話題沸騰に。実際にライブへ足を運ぶ人たちが増えだした。でも、まだ一部なのが残念だ。

続けて「宇宙人だ」を海外の配信サイトで「Alien」という題名でダウンロード販売を始めたところ、一部のEDMファンや日本のアイドルマニアの間で話題となり、最近ではみのりほのかのライブを観に海外からも足を運ぶ人たちも出始めている。海外でも一部の話題なのは残念だが、彼女の存在が海外にまで浸透し始めたように、ラスタァ星人の存在が世界中に広がり出したのは事実。ということは、ますます地球の平和が危うくなるということ…?

みのりほのかは、9月に2ndアルバム『銀河ドロップ』をリリース。この作品のコンセプトが、“ゴールデンレコード(※)を受け取った宇宙人みのりほのかの、地球に対してのアンサーアルバム”。いや、そんなことより、このアルバムもかなりヤバい。「チュパカブラfeat.ワクワクさんでお馴染みの久保田雅人」を通しUMA(未確認動)のチュパカブラに恋をすれば、「ざしきのあのこ」では、少し大人にバージョンアップしたせいで座敷童子とバイバイ。ドンタン響くティンパニの響きも印象深い「ジュラシックガール」を通して原始のパワーを引き出せば、「キラキラ☆ギャラクシー」ではラスタァ星のことは騙らずに銀河系を解説。果ては、「ムーンウォーク」を通しミノケルホノソン(みのりほのか+マイケル・ジャクソン)に変身。華麗にムーンウォークを披露したりと、『月刊ムー』も驚きの(?)行動を展開。『銀河ドロップ』と題したこのアルバム、じつはチップ/テクノなEDMナンバーに載せ楽曲へ触れた人たちの脳内に音のチップを埋め込み洗脳する、最強の侵略マシーンなのです。

地球で言うCDという洗脳マシーン『銀河ドロップ』が予想以上の効果を発揮したことから、みのりほのかは地球人の意識をマインドコントロールするさらに強烈なアイテムとして、11月27日(火)に新たなCDをドロップする。それが、みのりほのかの2ndシングル「UFO」だ!! この楽曲は、ピンク・レディーのオフィシャルカバーソング。ここではラスタァ星からアイドルに扮して地球を侵略しに来たみのりほのかの最新のインタビューをお届けする。

(※)1977年にNASAが打ち上げた無人宇宙探査機「ボイジャー1号」に搭載した、「地球人はどんな存在なのか」を記録した金色のレコード盤のこと。

お客さんが、みのりのことを “床評論家”と呼ぶようになりました。

──地球征服は、着実に進んでいます?
「はい、楽しく進んでいます。最近では海外から遊びに来てくれる人たちも出始めたように、まだまだ地球は広いなって感じてます」

──海外にも、みのりほのかの名前が浸透し始めているんてすね。
「そうなんです。海外でも「宇宙人だ」を「Alien」というタイトルでダウンロード販売しているんですけど。興味を持ってポチッと押して聞いてくれたことで、みのりの音楽にはまってくれた人たちが海外にも増えています」

──どんどん地球侵略が進行していますね。
「ウフフフフッ。でも、もっともっと広げていきたいなと思っています」

──9月には、アルバム『銀河ドロップ』も発売になりました。改めて、このアルバムの魅力も教えてください。
「『銀河ドロップ』は、みのりほのかのことをみんなにわかりやすく知ってもらえるアルバムになっています。中には、みのりの代表曲の「宇宙人だ」が入っていれば、チュパカブラというUMA(未確認動物)のことを歌にした「チュパカブラfeat.ワクワクさんでお馴染みの久保田雅人」があったり。「もしかしてエスパー」では“はいぃ~”とスプーンを曲げれば、「キラキラ☆ギャラクシー」では銀河のこともセリフを通して説明してたりと、1曲1曲に聞かせ所を持った作品に仕上げています」

――ライブで、アルバム収録曲の「ムーンウォーク」を歌うときには、実際にほのかさんのムーンウォークまで飛び出しますからね。
「そうなんです。でも、「ムーンウォーク」を歌いながら実際にムーンウォークを始めるようになったら、お客さんが、みのりのことを“床評論家”と呼ぶようになりました」

――えっ、床評論家ですか?
「そうなんです。“今日のライブハウスの床は滑りやすかったですか?”、“ムーンウォーク的に何点くらいの床ですか?”って聞いてくれるようになって。それで、わたしもライブハウスにおけるムーンウォークのやりやすさを意識するようになりました」

──今のところの経験談として、“ここはムーンウォーク泣かせだな”という場所は何処になります?
「わたしのホームのはずなのに、渋谷DESEOでムーンウォークをやったときは一歩も進まなかったことがあって。“ステージの上は滑らないように”、“危なくないように”という面ではライブハウスとしてすごく正しいことなんですけど。でも、“滑ろう”と試みたところ、一歩も滑らなかったのは渋谷DESEOだけです(笑)。ただ、12月21日から移転した先ではどうなるのか、そこも楽しみにしています」

──今やみのりさんのムーンウォークも、ライブの大きな見せ場になっていますからね。
「お客さんたちも、綺麗に滑れたら“オーッ!!”と喜んでくれるし、滑らなかったら滑らなかったで笑ってくれるように、そこは毎回すごく助けられています」

──みのりさん、実際のところ、ムーンウォークは得意なんですか?
「ムーンウォークは一生懸命練習をしています(笑)。よく、ライブでムーンウォークを披露したあとの物販で“今日、すごくいい後ずさりだね”と言われます(笑)」 

「UFO」は、みのりほのか史上 一番セクシーな歌になりました。

──9月には、「宇宙人だ」がテレビ東京系『勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~』のエンディングテーマとして1カ月流れました。あの反響もけっこうあったんでしょ。
「普段から『勇者ああああ』を観てくれている人たちの中、エンディングで「宇宙人だ」が流れたことをきっかけにライブを観に来てくれるようになった人たちもいました。アイドルさんの仲が良い子でも、実はゲーマーで毎週番組を観ているらしく、“『勇者ああああ』を観てたらほのかちゃんの歌が流れてきてビックリしたよぉ”と言われたこともありました。あのときのタイアップをきっかけに、みのりのライブへ遊びに来てくれるゲーマーさんも増えてきたから、すごくありがたかったです」

――ゲーマーが好きな…と言えば、みのりさんは、ピンク・レディーの大人気ナンバー「UFO」をカバー、11月27日にシングル発売します。この楽曲がまさに、ゲームミュージック風にアレンジを施したチップチューン。この曲調は、ゲーマーにもかなり刺さるんじゃない?
「ピンク・レディーさんの「UFO」が、可愛いチップチューン・アレンジになりましたぁ!! 」

──「UFO」のカバーをすると聞いたとき、どんな気持ちでしたか?
「わたしも、ラスタァ星にいる頃から「UFO」は大好きな曲でした。ただ、ラスタァ星にも名前が轟いているほどピンク・レディーさんが偉大すぎて、みのりが楽曲をカバーさせていただくなんてとっても恐縮していました。「UFO」のレコーディングはいつも以上に時間をかければ、納得のいく作品にしたくて歌の録り直しまでしています」

――そこまで力を入れていたとは…。
「そうなんです。というのにも理由があって。最初に歌入れをした「UFO」では、ピンク・レディーさんのセクシーな面も強く意識して歌ったせいか、みのりほのからしさを抑えてしまったんですね。なので、“もっとみのりらしさも感じてもらえる作品にしよう”ということから、ピンク・レディーさんのようなセクシーさも取り入れる形にしながら、いつものみのりほのからしさを活かして歌いました。その結果、みのりらしい弾けた部分を軸にしながら要所要所に息づかいとかでセクシーな部分を取り入れた、上手くバランスの取れた歌になりました」

――サビで《地球の男に あきたところよ》の後に響く“あーっ!!”というほのかさんの吐息のような声、あれ、めっちゃセクシーですよね。
「ありがとうございます、嬉しいです。「UFO」は、みのりほのか史上一番セクシーな歌になりました」

──ラスタァ星にも、ピンクレディの存在は知れ渡っているんですね。
「ラスタァ星で地球のことを研究してゆく中、ピンク・レディーさんの歌う姿はよく観させていただいていました。もちろん、「UFO」のダンスもばっちり練習しています」

──みのりさんのライブでも、「UFO」の振り付けを楽しめるわけだ。
「ダンスは、細かいニュアンスまでしっかり取り入れさせていただいています」

――まさに「UFO」は、ほのかさんにとっての新しいキラーチューンになりそうだ。
「お客さんたちからも“早くライブで歌って欲しい”と言われていますけど、11月27日に渋谷STAR LOUNGEさんで『公式カバー『UFO』発売主催イベント』を行なうように、この日はかならず披露します」

──「UFO」では《地球の男に あきたところよ》と歌っています。ほのかさん自身はどうなんですか?
「飽きるどころか、もっともっと知りたいです。日々、“ホントにいろんな地球人がいるんだなぁ”と思って生活をしています。それに、地球人はみんな優しいです。そのあったかさが居心地良くって、つい地球に居ついてしまいました。今でも地球征服の任務を遂行しながらも、ずっとこの星に居たいと思うくらい地球人を気に入ってます」

──改めてほのかさんから、「UFO」の聞きどころを語っていただけますか?
「“あっ”の吐息のところだったり、「UFO」の最初の部分をあえてちょっと低めのキーで歌っているところです。他にも、細かい部分での息の使い方にもすごくこだわって歌わせていただいたように、いつものみのりの歌声との違いも感じてもらえたら嬉しいなと思います」

「ムーンウォーク」は、ミノケル ホノソン(みのりほのか+マイケル・ ジャクソン)になれちゃう曲。

──C/Wには、「宇宙人だ(Live Ver.)」も収録しています。
「みんなに、ライブ中に叫んでもらいました。だから、ライブの雰囲気がそのまま伝われば、歌い方もライブならではらしくちょっと違っているので、ぜひ音源を通してみのりの生のライブの空気を感じてもらえたら嬉しいです」

──「宇宙人だ」を通して、ほのかさんと出会った方も多いんじゃないですか?
「「宇宙人だ」をきっかけに知ってくれた人たちは多いですね。「宇宙人だ」は、みのりの名詞変わりの歌のように、まずは「宇宙人だ」を聞いてもらい、それで興味を持ってもらえたら、ぜひアルバム『銀河ドロップ』に触れてください。この中には、ミノケルホノソン(みのりほのか+マイケル・ジャクソン)になれちゃう曲(「ムーンウォーク」)もあるので。あと、ライブでは、ぜひ「宇宙人だ」の人力エコーでフェードアウトしていくところにも参加してくださいね」

──最近、ほのかさんの物販でESPチェキカードを発売し始めましたよね。
「これはですね、チェキ1枚か写メ3枚撮れるカードになります。表は、全5種類のESPカードになっています。このカードを持って来ていただければ、1枚ごとにわたしとチェキ撮影ができます。中には、表側がキラキラとしたホログラムになっている当たりカードもあります。もちろん、1枚1枚販売していますが、全タイプを詰め込んだコンプリートセットも発売しています。これを手にした方は、1枚お得にチェキ撮影ができるようになっています。このESPチェキカード、全種類を集めてESPゲームをしたり、わたしとのチェキを撮りに使っていただいたりと、それぞれに愛用してもらえたらなと思います。とても恰好いいカードへ仕上がったので、使わずに持っていて欲しい気持ちもありますけど。このカードがチェキ撮影の引換券でもあるように、ぜひ一緒に撮影したいなぁともみのりは思っています。なので、ぜひ“保存用”と“撮影用”と使い分けてください。これは、星人(ファン)たちの必需品ですから」

12月26日は、みのりほのかが 2019年版にアップデートをする日。

──11月27日には、渋谷スターラウンジでシングル「UFO」の発売記念主催イベントが行なわれます。ぜひ、このイベントへ向けての言葉を聞かせてください。
「公式カバー曲「UFO」のシングル発売記念ということで、渋谷スターラウンジさんで主催ライブをやらせていただくんですけど。これをきっかけに、いつも応援してくれてる人たちはもちろん。みのりほのかに少しでも興味を持ってくれている人たちも巻き込んでいきたいなと思っています。初めての人でもすぐに馴染めて楽しめること間違いなしだから、ぜひ気持ちを一歩踏み出し、お気軽に遊びに来て欲しいです。とくに「UFO」は、世代を越えてみんなが知っている曲だからこそ、みのりほのかのカバーした「UFO」のチップチューンバージョンも好きになって欲しいし、これをきっかけに、もっともっといろんな人にみのりほのかのことを知ってもらえる第一歩になれたらなと思います。ぜひ、ライブに遊びに来てください」

――12月26日には、秋葉原CLUB GOODMANを舞台にワンマン公演『MINORI HONOKA UPDEATE 2019 ONE MAN LIVE@秋葉原CLUB GOODMAN』が開催になります。
「12月26日は、みのりほのかが2019年版にアップデートをする日。この日、みんなが会いに来てくれないと、みのりはアップデート出来ないんです。だから、みんなの力を合わせてみのりをアップデートさせてくれたら嬉しいなと思います」

──アップデートをすると、どう変わるんですか?
「どんな風になるかは、来てくれた人しかわからないです。ウフフフフッ。2018年はみのり史上一番踏み出せた年だなと思っているので、2019年はもっともっと加速して“みんなでいくぞ!!”という気合いを入れるライブにしたいなぁと思っています」

──この日のライブは、まさにベストオブ…。
「ベストオブ宇宙旅行って感じですね。フフフフフッ。ぜひ、ご搭乗いただいて、フフフッ。みのりは、みんなの力と融合することで初めてアップデート化されるので、ぜひよろしくお願いします」

TEXT:長澤智典

シングル「UFO」


2018年11月27日(火)発売



HVR-0006/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.UFO(作詞:阿久 悠・作曲:都倉俊一)
2.宇宙人だ(Live Ver.)
3.UFO(Instrumental )

(C)1977 by NIPPON TELEVISION MUSIC CORPORATION & NICHION, INC.

【ライブ情報】


『みのりほのか主催『ピンク・レディー「UFO」公式カバーCD発売イベント』』
11月27日(火) 東京・渋谷Star lounge ※レコ発
OPEN 18:15/START 18:30
出演:みのりほのか/やまもとゆい/加藤育実/キセキレイ/星乃ちろる/大瀧佳奈
<チケット>
前売り¥2,500 当日¥3,000(1D代別¥600)
※アーティスト予約
※入場順:当日並んだ順

『MINORI HONOKA UPDEATE 2019 ONE MAN LIVE』
12月26日(水) 東京・秋葉原CLUB GOODMAN
OPEN 19:00/START 19:30
出演:みのりほのか
<チケット>
前売り¥2,500 当日¥3,000(1D代別)
※みのりほのか物販、メール予約にて受付
※入場順:整理番号順

【2019年】
『みのりほのか生誕2MAN LIVE『みのりほのか VS TEPPAN』』
1月10日(木) 東京・SHIBUYA DESEO
OPEN 18:30/START 19:00
出演:みのりほのか/TEPPAN
<チケット>
前売り¥2,500 当日¥3,000(1D代別)
※アーティスト予約、DESEO電話予約
※入場順:当日並んだ順

◎お問い合わせ:minorihonoka@hvt-inc.com

【関連リンク】


■みのりほのか Twitter https://twitter.com/honoka_minori7
■みのりほのか Web https://www.hvt-inc.com/minorihonoka/
■「宇宙人だ」MV https://www.youtube.com/watch?v=A5PiDEEBHwQ
■「ムーンウォーク」MV https://www.youtube.com/watch?v=wR3M9hyqh0I&feature=youtu.be
■みのりほのか2nd Full Album『銀河ドロップ』クロスフェード https://www.youtube.com/watch?v=c5CjAXkOuEs
■みのりほのか「チュパカブラ feat.ワクワクさんでお馴染みの久保田雅人」MV(Short Ver.)https://www.youtube.com/watch?v=XqenAY4o0rw

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ