体験せよ!三坂道が初競演『ザンビ』乃木坂46齋藤飛鳥の映像出演も

2018/11/16 11:10 エンタステージ

ザンビプロジェクト第1弾となる『ザンビ』が、2018年11月16日(金)に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕する。乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の“3坂道”が初競演すること、TEAM“RED”・TEAM“BLUE”の2チーム制で上演されること、観客を巻き込む“体験型舞台”となること、脚本を高山直也、演出を児玉明子が手掛けていること以外、未だ全容が分かっていない本プロジェクトの一端が、ついに明らかになる。

初日前日に行われた会見には、TEAM“RED”、TEAM“BLUE”両チームのメインキャスト計12人が集結。乃木坂46から与田祐希、山下美月、久保史緒里、梅澤美波。欅坂46から土生瑞穂、小林由依、菅井友香、守屋茜。けやき坂46から齊藤京子、小坂菜緒、柿崎芽実、加藤史帆が登壇し、意気込みを語った。

会見では乃木坂46の齋藤飛鳥が、今回の舞台に映像出演することも明らかに。なお、舞台の詳細は公演を直接観て“体感”してほしい。

以下、各出演者のコメントを紹介。

<TEAM“RED”>

◆与田祐希(鳴澤摩耶役)
守るべき友達がいて、友達を守る強さを持ち合わせたあ芯のある女の子です。フェンシングが強いんですが、私自身、フェンシングの経験がないので、毎日1フェンシングでたくさん練習してがんばってきましたので、カッコよく芯のある摩耶ちゃんを演じれるようにがんばります。一言でいうと泣ける舞台になっています。ホラーという面だけではなく、友情だったり、人間としての優しさだったりが見れますので、皆さんも共感していろいろな気持ちで観ていただければと思います。

◆山下美月(一ノ瀬杏奈役)
私が演じる杏奈は暗い過去があって、それが原因で記憶をなくしてしまった女の子です。人それぞれ暗い過去があったり、劇場に足を運んでくれるお客様の中にも辛い過去や経験があると思いすので、そういった方に希望や力を与えれるような舞台に、全員力を合わせてやり遂げたいなと思っています。乃木坂46の齋藤飛鳥さんが本舞台に映像出演しています。山室楓という役なんですが、齋藤さん演じる楓はこの「ザンビ」プロジェクトに大きくかかわってくるのですが、それは今後だんだん分かってくると思います。舞台の大きなスクリーンで齋藤飛鳥さんの小さい小さいきれいなお顔をご堪能いただければと思います。

◆土生瑞穂(桂雪穂役)
雪穂は、私が瑞穂という名前なのですごく親近感がわいていてやりやすいかなと思いましたが、学級委員長で自分の意思をはっきりと相手に伝える強い意志を持った女の子で、私と真逆な部分もたくさんあったので演じるのがとても難しかったです。日々たくさん練習、 研究してきたので、がんばった結果をお見せできるようにしたいと思います。

◆小林由依(一色彩菜役)
彩菜はすごく明るくて一見今どきの女子高生に見えるんですが、正義感を持って相手に何かを伝えるという意思があり、そういう部分は欅坂46と似ている部分がたくさんあるので、舞台上でも活かせたらと思います。

◆齊藤京子(本宮佳蓮役)
後輩ですがお姉さん的な存在で、しっかりしていてまじめな女の子です。私自身は怖いものがあまり得意ではないのですが、皆さんを怖がらせられるように精一杯がんばります。

◆小坂菜緒(飯野ゆかり役)
佳蓮といつも行動している女の子です。12人の中で一番後輩で私と同じ感じかなあと思ったのですが、すごく明るくて、私と正反対だなと思いながらいつも楽しく演じています。演技経験は浅いですが、皆の足を引っ張らないように、千秋楽まで全力で走り続けたいと思っています。

<TEAM“BLUE”>

◆久保史緒里(鳴澤摩耶役)
守るべき友達がたくさんいて、その友達を守るためにもがく、正義感の強い女の子です。普段、周りのメンバーに頼って弱いなと感じる部分もあるのですが、今回の舞台では私の強さをお見せできたらなと思っています。明日から始まる『ザンビ』舞台は、謎ばっかりな舞台ですが、皆様の期待をいい意味で裏切る舞台になっているかなと思いますので、チームは違えど12名一丸となってがんばっていきます。

◆梅澤美波(一ノ瀬杏奈役)
『ザンビ』舞台は、人間が極限に置かれた様をリアルに描いていて、普段見られるものではないので、楽しんでもらえたらなと思っています。私演じる杏奈は、追い込まれた状態の中でも、感情の起伏が激しくて、シーンごとに演技をつくっていくのが難しかったのですが、それぞれの坂道と助け合い切磋琢磨し、TEAM“BLUE”としても話し合いながらがんばったので、ぜひ楽しんでいただけたらな と思います。

◆菅井友香(桂雪穂役)
正義感が強く、納得いかないルールは破っていくような、行動力のある活発でフランクな女の子です。男の子っぽいところもあったり、自分とは正反対の部分も多くて、感情を理解するのがなかなか難しかったです。初めての舞台で学ぶことがたくさんあって、勉強になりました。3坂道チームの違いも舞台の中で観れると思いますので、楽しみにしていただけたらと思います。

◆守屋茜(一色彩菜役)
雪穂と行動することが多くて、曲がったことが嫌いで、すぐに行動に移すことができる女の子です。周りの子と違い陰湿なので、シリアスの中でその性格を出すのが難しかったです。初めての舞台で、劇中歌を歌ったりするシーンもあり3坂道チームそれぞれの坂道のカラーにあわせたものになっています。力を合わせてがんばります。

◆柿崎芽実(本宮佳蓮役)
すごくまじめで正義感が強くて純粋な女の子です。出ているメンバーが演じる女の子たちが、正義感が強くてそれぞれの正義と正義のぶつかりあいとか、極限状態に置かれたらどうなるんだろうとか、そういったところにもチャレンジしたのでぜひ見てもらいたいです。

◆加藤史帆(飯野ゆかり役)
佳蓮と一緒ですごくビビリな女の子で、奇声をあげたりしているんですけれども、私はいつも女の子っぽい奇声があげられるように練習しました。私のしゃべり方に特徴があるもので台詞を言うのに苦戦しましたが、たくさん練習しましたので、千秋楽までがんばります。

このほか、岡田あがさ、大胡愛恵、國森桜(劇団4ドル50セント)、水橋研二、柿丸美智恵、酒井敏也らが出演する。

『ザンビ』は、11月16日(金)から11月25日(日)まで東京・TOKYO DOME CITY HALLにて上演。

【公式HP】
【公式Twitter】
【公式Instagram】

(C)zambi project

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ