女性から「ケチな男!」と思われるデートでの節約9パターン

2018/11/11 10:00 スゴレン

女性から「ケチな男!」と思われるデートでの節約9パターン 女性から「ケチな男!」と思われるデートでの節約9パターン

お金さえかければ楽しいデートになる、というものではありませんが、極端にデート費用をケチると、女性にウンザリされてしまうこともあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に、「女性から『ケチな男!』と思われるデートでの節約」をご紹介します。

【1】ガソリン代がもったいないから遠出をしない。

「車があるのにデートに使わないなんて、何のための車?」(20代女性)など、ガソリン代をケチりすぎることに不満を抱く女性もいます。ガソリン代が気になるなら、車を使う頻度を減らすなどして、たまの遠出を思い切り楽しめる工夫をしてはどうでしょうか。

【2】タクシー代を浮かすために雨でも歩く。

「雨の中歩かせる思いやりのなさにガッカリ」(20代女性)など、ただの節約のつもりでも、人間性まで疑われてしまう恐れがあります。デートの醍醐味は、女性をもてなし、喜ばせることでしょう。その大前提を忘れずに、女性への思いやりを態度で表しましょう。

【3】寒い冬も暑い夏も部屋でエアコンをつけない。

「辛い思いまでしてケチらなくても…」(20代女性)など、部屋の環境があまりに過酷だと、女性を困惑させてしまうこともあるようです。環境意識からの節約であれば、省エネ効率の高い暖房・冷房器具を使うなどして、快適な環境づくりに努めましょう。

【4】クーポンが使える店でしか外食しない。

「そんなにクーポンにこだわらなくてもいいのに」(20代女性)など、割引ありきのお店選びは、女性からの評判が悪いようです。どうしてもクーポンが使いたいなら、毎回事前に予約をし、こっそりクーポンを渡すといいでしょう。

【5】映画館に水筒を持ち込もうとする。

「劇場でお菓子や飲み物を買うのが楽しいのに…」(20代女性)と考える女性も多く、雰囲気を壊す節約行為だといえそうです。多少割高でも、レクリエーションの一部だと思えば安いものです。デートでは実際の金額より、付加価値に重点を置きましょう。

【6】自分の定期券の範囲内でデートをする。

「デートの行動範囲を狭める意味が分からない」(20代女性)と、憤慨する女性もいます。デートでは、普段あまり行かない場所に行くことで、新鮮な体験ができたりするものです。最新スポットを紹介した雑誌などを読み、テンションをあげるところからはじめてはいかがでしょうか。

【7】節約のために彼女の手料理を食べたがる。

「ごはん代ケチってるのがバレバレ!」(20代女性)と、呆れ顔の女性もチラホラ…。「安く済むから」という理由で、彼氏に手料理を食べさせたがる女性はあまりいません。次のデートでは手料理のお礼にごちそうするなど、女性が「また作りたい」と思えるよう、感謝の気持ちを表しましょう。

【8】カフェなどで使わなかった砂糖やミルクを持ち帰ろうとする。

「カッコ悪い。一緒にいて恥ずかしいよ」(20代女性)など、節約も度を越すと、女性に恥ずかしい思いをさせてしまうようです。デートは、女性に自分のカッコいいところをアピールする場でもあります。自ら評価を落とすような行為は、控えたほうが賢明でしょう。

【9】リサイクルショップでプレゼントを買う。

「プレゼントに中古? ムードないなぁ」(20代女性)と、ガッカリする女性もいるようです。リサイクルショップで買ったプレゼントだと、「自分のことを思って選んでくれた」という気持ちの部分を感じにくいのでしょう。お金がないなら、手作りのものをプレゼントしたほうが喜ばれるかもしれません。

ほかにも「こんな節約が女性に不評」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ