【ディズニー・クリスマス】パペット遂に発売! プーさんたちのクリスマスストーリー

2018/11/11 06:30 ウレぴあ総研

 ©Disney. Based on "Winnie the Pooh" works by A.A.Milne and E.H.Shepard. ©Disney. Based on "Winnie the Pooh" works by A.A.Milne and E.H.Shepard.

東京ディズニーランドでは2018年11月8日(木)〜12月25日(火)までスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」を開催中。

くまのプーさんのハンドパペットが遂に発売されました。

ハンドパペットがめちゃくちゃ可愛い!

毎年クリスマスにはプーのぬいぐるみとぬいぐるみバッジが発売されます。

様々なサンタ姿を披露してくれてきましたが、2018年はニット生地のサンタ姿。

今年公開された『プーと大人になった僕』での赤い服を思わせる生地です。

さらに今年はハンドパペットが登場。

手を入れて、頭と腕を自由に動かせる代物です。

これがめちゃくちゃ可愛い!

動きが加わることでサンタプーの可愛さが何倍にも増します。

また、パペットのためお尻部分が手を入れる口になっており、座らせた状態だとぬいぐるみより少し後ろに倒れ気味に。

普段とは違った座り姿もまた可愛らしいのです。

ぬいぐるみ 3,800円
ぬいぐるみバッジ 1,500円
ハンドパペット 2,800円

※商品は品切れや金額、内容等が変更になる場合があります。

セレブレーションストリートにも登場

35周年記念としてワールドバザールで公演されているセレブレーションストリート夜の演出。

プロジェクションマッピングの最後にはミッキーたちのクリスマスグッズがプレゼントのように登場します。

その中にプーのぬいぐるみバッジも登場!

ミッキー、ミニー、プルートと並んでの登場です。

フォトロケも新たなページに

東京ディズニーランドのクリスマスのテーマは「クリスマスのストーリーブック」。

パレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」でも様々なストーリーが描かれています。

パレードには登場しないプーたちですが、彼らのクリスマスのストーリーも語られています。

それはシンデレラ城前のプラザに設置されているフォトロケーション。

2016年から設置されているプーのフォトロケーションでは、オウルがクリスマスの本を読んでいます。

オウルの話をしっかり聞くピグレットの横にいるのは、居眠りをしてしまっているプー。

可愛らしいクリスマスの一日が見られるフォトロケーションですが、ここでオウルが読んでいる本のページが毎年変わっているのです。

2016年のページでは、ティガーがサンタを迎え入れるため煙突掃除をしようと思い立ちます。

2017年のページで煙突掃除を始めたティガーですが、煙突に詰まってしまいます。

そして2018年のページでは…

ティガーとは長く詰まっているものではありません。体を持ち上げ捻って押して、ティガーは煙突から滑り落ち、暖炉の外に出ました。なんてことでしょう、灰がそこら中に散らばってしまいました。でも煙突は綺麗でサンタを迎え入れる準備ができました。

煙突掃除屋のようにティガーは道具を置いて、寝る前に部屋を綺麗にしました。

そしてクリスマスの朝、もちろん暖炉のそばにはティガーの名前がついたプレゼントが置かれていました。

それはティガーの働きに対するサンタからの特別なプレゼントでした。ティガーは世界一の煙突掃除屋でした!

ついに煙突掃除を終え、プレゼントをもらえたティガー。

隣のページの挿絵でも喜んで飛び跳ねている様子が伝わってきます。

2019年もストーリーブックがテーマのクリスマスイベントが予定されていますが、来年もティガーの物語は続くのでしょうか…?

3年目となったプーのフォトロケーション。

2018年は東京ディズニーリゾート35周年を記念した「ハピエストミッキースポット」がすぐ側にあり、ミッキーとプーの共演も楽しめます。

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/林田 周也)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ