A応P、初のカレンダーは見どころ満載 飾るなら「寝室の天井」と仰天発言も

2018/11/9 21:00 しらべぇ

A応P、初のカレンダーは見どころ満載 飾るなら「寝室の天井」と仰天発言も A応P、初のカレンダーは見どころ満載 飾るなら「寝室の天井」と仰天発言も

A応P

「アニメを『勝手に』応援したい!」というコンセプトから発足した、「アニメ応援プロジェクト」こと「A応P」が『2019年カレンダー』をリリースすることが決定。

そのカレンダー発売記念イベントが開催され、おすすめポイントを聞きにしらべぇ取材班も突撃してきた。

 

■おすすめはリビング

A応Pにとって初の写真集。おすすめ紹介でトップバッターを名乗り出たのは旭優奈。

旭優奈

お気に入りのカットは全員で撮ったネイビーの衣装のカットだという。「みんないつもとは違った雰囲気や一面が見られるので好きです」とニッコリ。自分が家に飾るとしたら「一番滞在時間が長い」という理由でリビングだそう。

続いて、星希成奏は「一枚一枚めくったときに色んな顔が見れるというところがポイントかな」と力説。飾ってもらうとしたら、来客にも見てもらえるということでリビングをチョイス。

星希成奏

 

■誕生日も要チェック

巴奎依

次いで、巴奎依は本作のテーマが「部屋着」であることを明かし「全員素足だったり、ラフな感じで素の表情が見えて好きだなって思います」と回答。飾るとしたらあえて意外な場所がいいとし、ふと見たときに幸せになってほしいと「キッチン」を挙げる。

対して、春咲暖は3月から10月の「メンバーが二人づつ」のカットをおすすめした。飾る場所はリビングを選び、カレンダーにメンバーの誕生日が載っているためチェックしてみてほしいとアピール。

春咲暖

■本人たちからお墨付きも堤雪菜

一方、堤雪菜はカレンダーはCDのジャケット撮影よりも「緊張せずにできた」と明かし、それによる「いい表情」を見てもらいたいと話す。飾るとしたら、寝るときと起きるときに見てほしいため寝室を選んだ。

また、広瀬ゆうきは「みんなかわいく写っていて、お家でかわいいかわいいって言っていたので」と本人も大満足の仕上がりであると紹介。飾る場所は、寝室の天井というかなり難易度の高いポジションをチョイス。

広瀬ゆうき

 

■ポスターのような使い方も

小嶋凛

小嶋凛は、メンバーそれぞれが「普段していない髪型をしているので」と見どころを語る。そして玄関に飾って、行き帰りの際に「行ってきますとただいまとかやって想像するのも楽しそうだなって思います」を笑顔で話した。

そしてラストの工藤ひなきは、写真のサイズが大きいことに触れ「メンバー一人ひとりの表情とかとても良く見えるのが、見どころです」と紹介。そのため、通常のポスター同様にリビング堂々と貼ってほしいと笑顔を浮かべた。

そんなA応Pは、10日から『3rd LIVE TOUR』が始まる。今後の活動にも注目が集まりそうだ。

工藤ひなき

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/HIRO)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ