ハリウッド版「進撃の巨人」“最強の騎士”リヴァイ役には誰が?

2018/11/9 12:06 日刊ゲンダイDIGITAL

日本版「進撃の巨人」のロケ地・軍艦島でPRする主演の三浦春馬(中央)と樋口真嗣監督(右端)ら(C)共同通信社 日本版「進撃の巨人」のロケ地・軍艦島でPRする主演の三浦春馬(中央)と樋口真嗣監督(右端)ら(C)共同通信社

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

 ハリウッドで実写映画化されることが明らかになったのは大ヒット漫画「進撃の巨人」。プロデューサーは「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・ハイマン(57)、米人気ドラマ「HEROES/ヒーローズ」でヒロ・ナカムラ役を演じ、「ヤッター!」のセリフが話題となったマシ・オカ(43)ら。メガホンを取るのは、米ホラー映画「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」のアンディ・ムスキエティ監督(45)。公開時期やキャストは未定だという。

 日本ではすでに2015年に三浦春馬(28)主演で初実写映画化され、前・後編が公開された。

「人気漫画の実写化の難しいところだが、前編を見た原作ファンからキャスティングなどに対して批判の声も上がった。後編は前編よりも興収をダウンさせてしまった」(映画ライター)

 ハリウッド版は邦画とは比べものにならないほど予算が潤沢なだけに期待が高まるが、気になるのはあの人気キャラを誰が演じるかだという。

「主人公はエレンだが、読者からエレンを上回る支持を得ているのが最強の兵士・リヴァイ。日本版では舞台設定をドイツから日本に変更したため、日本語にはない“ヴ”の発音があるリヴァイ役を置かず、長谷川博己演じたシキシマがその代役のような役割を果たした。設定の制約がなくなるハリウッド版では誰がリヴァイを演じるかが注目です」(出版関係者)

 原作ファンも納得の配役となるか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント19

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ