主張の食い違う『イッテQ』やらせ騒動、ネットは「別の意味で祭り」と盛り上がる

2018/11/9 22:00 リアルライブ

宮川大輔 宮川大輔

 『週刊文春』(文藝春秋)がスクープとして報じた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のやらせ疑惑について、11月8日に日本テレビが文書でコメントを発表した。それによれば、「現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と報道の内容を明確に否定した。コーディネート会社からは「村単位で開催されているという説明はあったものの、今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました」とし、誤解を招く表現があったと認めている。

 これに対し『週刊文春』側は、即日に反論を行い、コーディネート会社の社長が自ら企画を認めたほか、セット設営を依頼された現地スタッフの証言、さらに協力費名目での謝礼の支払い、といった事実を挙げ、日本テレビの見解に異を唱えた。

 双方の主張は真っ向から対立する形となった。これを受け、ネット上では「これは、コーディネート会社の社長がトカゲのしっぽ切りをされそうな予感……」「まさに『水かけ論』になってるな。これも別の祭り状態だな」といった声が聞かれる。

 だが、意外にも番組自体を糾弾する声は聞かれない。「宮川大輔はやらせでも、出川とみやぞんとイモトはガチであってほしいわ」「まあ、誰も傷つけていないわけだし、面白ければいいんじゃないの」といった声が並ぶ。『イッテQ』は家族で安心して見られるファミリー向け番組として知られる。毎回、高視聴率も記録しているだけに、視聴者は「即座の打ち切り」は望んでいないようだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント11

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ