タブーのCMギャラ暴露も…ハズキルーペの太っ腹に業界沈黙

2018/11/7 12:06 日刊ゲンダイDIGITAL

武井咲は7800万円(ユーチューブから) 武井咲は7800万円(ユーチューブから)

コラム【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

 大物芸能人が出演するCMが話題になっているメガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」。100億円ともいわれる広告宣伝費を投入してCM界を席巻しているが、発売中の「週刊文春」のインタビューで販売元「ハズキカンパニー」の松村謙三会長兼CEO(59)が出演者のギャラを暴露。それによると、渡辺謙(59)はなんと2億円。舘ひろし(68)は8000万円、菊川怜(40)は7500万円。そして、第1子の産休明けの初仕事に同社のCMを選んだ武井咲(24)は7800万円だったという。

「本来、CMギャラの暴露はタブー中のタブーで広告代理店の関係者は怒り心頭のはず。しかし、ハズキルーペの広告出稿量はハンパじゃないレベルなのでどこからもクレームは入らない。渡辺は不倫&離婚でCMオファーなんか入らない状態だけに干天の慈雨。ほかの3人は相場の2~3倍のギャラといったところでしょう」(代理店関係者)

 松村会長によると、来春はさらなる大物を起用したCMの放送が決定しているという。かつて、羽振りが良かった消費者金融やパチンコ関連のCMが下火なだけに、ハズキルーペの仕事は各事務所やタレントにとってかなり魅力的なはずだ。

「武井が所属のオスカープロは社長自らが動いてテレビ朝日を説得し、『黒革の手帖』バージョンのCMが実現したそうです。新垣結衣にオファーしたところ事務所は1億円をふっかけ、結局、話が流れたそうです」(週刊誌記者)

 芸能人たちの「ハズキルーペ、だ~い好き!」には、かなり実感がこもっていたようだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント50

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ