吉岡里帆はなぜ嫌われる 映画惨敗で主演女優から転落危機

2018/10/19 12:06 日刊ゲンダイDIGITAL

吉岡里帆(C)日刊ゲンダイ 吉岡里帆(C)日刊ゲンダイ

「オープニング土日の2日間で興行収入は5000万円に届かず、もちろん、トップ10圏外。映画会社がこれらの数字を公表していないことからも分かるように、上映館数200超の規模だけに大惨敗といえるでしょう」(映画興行関係者)

 先週12日に公開されたばかりの映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(アスミック・エース配給、三木聡監督)の話。一体、どれだけヤバいのか。13日に公開された故・樹木希林さんの出演作「日日是好日」(大森立嗣監督)の公開から2日間の数字は上映館数150超で興収9000万円をマーク。「平日でも堅調に客が入っている『日日――』に対し、『音量を上げろ――』はスッカラカン状態。おまけに途中で寝ている観客が目立つ」(映画ライター)そうな。

 阿部サダヲ(48)主演のサブカル系ムービーだが、大打撃を受けるのはヒロイン役を演じた吉岡里帆(25)ともっぱらだ。

「若手で勢いのある吉岡をキャスティングすることで若い客層を狙ったのに当てが外れた。もともと監督の大ファンだった吉岡は今回のオファーに大喜びで、積極的にインタビューに応じるなど宣伝活動もやりまくった。それでこの結果は目も当てられない」(芸能プロ関係者)

 NHK朝ドラ「あさが来た」(15年度下半期)でヒロインの友人枠で顔を売り、「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系、16年)と「カルテット」(TBS系、17年)で立て続けに小悪魔系女子を演じ、ブレーク。今年1月期クールの「きみが心に棲みついた」(TBS系)では連ドラ主演デビューを果たし、一気に人気女優の仲間入りを果たした吉岡だが、いかんせん、成績が伴わない。

「きみが――」の全10話の平均視聴率は7・7%、7月期の主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)は同5・8%と厳しい数字。人気のバロメーターである「18年上半期女性タレントCM起用社数ランキング」では土屋太鳳(23)や浜辺美波(18)らと並ぶ7社を誇る女優だが、このままでは「主演から2番手以下になりさがるか、まさに崖っぷちの立場に置かれている」(前出の芸能プロ関係者)。

 むろん、敗因のすべてを役者に押し付けるのは酷である。しかしながら、声帯ドーピングのやり過ぎで喉が崩壊状態のロックスターと、声が小さいストリートミュージシャンの出会いから始まるハチャメチャな騒動を描いていた今映画。2人のキャラがブレブレで、やたらと血のりを吐きまくる阿部と、水たまりに頭から突っ込んでいく吉岡の体当たり演技が実に痛々しいのである。

 作品に恵まれないのか、そもそも人気がないのか。吉岡は正念場だ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント486

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ