錆び付いた脳を鍛え直し! 秋の夜長にオススメの脱出ゲーム2本

2018/10/14 08:30 日刊SPA!

『Cube Escape: Paradox』 『Cube Escape: Paradox』

◆ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

 日頃、運動をしていないと筋力や体力は落ちてしまいますが、残念ながら脳も同じだそうです。意識して頭を使わないと思考力やひらめき力などは衰える一方だとか……。「最近、集中して頭を使ったのなんて、サイゼリヤの間違い探しくらい」なんて人は黄信号かもしれません。

 というわけで今回は、秋の夜長にじっくりと脳を鍛えられる脱出ゲーム2本を紹介します。どちらもホラーテイストで(といっても本格的なホラーではないのでご安心を!)、作品世界にも引き込まれるタイトルです。

『Cube Escape: Paradox』
iOS、Android/Rusty Lake/基本プレイ無料

 1本目は、オランダのアムステルダムに拠点があるインディーゲームスタジオ「Rusty Lake」の脱出ゲーム。その完成度の高さと不気味さで日本でも評価が高まっている『Cube Escape』シリーズの最新作です。

「ここはどこだ? ……彼女はここにいるのか?」

 ヒゲの刑事デール・ヴァンダーミーアは目を覚ますと、不気味な部屋にいた。鹿の頭骨の壁飾りにカラス男の絵画、曇った鏡……。誰が何のためにこんなところへ閉じ込めたのか?

 手書きイラスト風のビジュアルに、時折実写映像が混ざる演出が本作の特徴。一気に現実感が増して、ドキリとさせられます。ストーリーも思わせぶり。「Rusty Lakeの世界はデヴィッド・リンチの『ツイン・ピークス』のユーモアと不穏さにインスパイアされた」と公式サイトに書かれている通り、脱出ゲームながらシュールな短編映画を見ているような気分です。

 謎解きもかなり手強く本格派。ひらめきはもちろん、根気も必要になってきます。もし詰まっても、公式サイトにクリアまでのプレイ動画が上がっているので困ることはありませんが、ギリギリまで見ずに脳をフル回転させましょう!

『脱出ゲーム あやかし夜市』
iOS、Android/あそびごころ。/基本プレイ無料

 8月に配信が始まった『あやかし夜市』は、『あの夏の日から脱出』や『縁日からの脱出』など数々の脱出ゲームを手がけるブランド「あそびごころ。」のタイトルです。

 心臓が悪い弟を病院から連れて帰る途中、「治らぬ病なし」という薬の貼り紙を見かけた姉。そこにネコの姿をした商人が現れ、姉と弟は妖怪たちが集まる夜市へと迷い込んでしまいます……。

 夜市では物々交換が慣わし。美味しそうな屋台の食べ物も、妖怪が気に入った品との交換になります。弟の薬をもらうためには何が必要なのでしょうか? 

 夜店や路地裏の妖しげな雰囲気がどこか郷愁を誘う一作。こちらの謎解きも暗号を中心に歯応えがあり、ヒントとなっている看板や背景を見逃さない観察力も問われます。エンディングは最後の決断で3種類に分岐。ぜひトゥルーエンドにたどり着いてみて下さい。

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ