寄付金欲しさに 娘の髪を剃り癌だと信じ込ませた母親 「究極の児童虐待」(米)

2018/10/14 04:00 Techinsight

我が子の髪を剃り癌だと偽らせた母親(画像は『The Kansas City Star 2018年10月11日付「Mom shaved 7-year-old daughter’s head and said she had cancer, police say. She didn’t」(Grady County Law Enforcement Center)』のスクリーンショット) 我が子の髪を剃り癌だと偽らせた母親(画像は『The Kansas City Star 2018年10月11日付「Mom shaved 7-year-old daughter’s head and said she had cancer, police say. She didn’t」(Grady County Law Enforcement Center)』のスクリーンショット)

金目当てとはいえ、あろうことか実の娘が癌を患っていると嘘をつき、2年間にわたって周囲からから寄付金を集めていた母親が逮捕された。この呆れた母親は、娘自身にも「重い病でもうすぐ死ぬ」と信じさせていたという。『The Kansas City Star』『Metro』などが伝えた。

米オクラホマ州チカシャに住むジェイミー・カイエ・パーカーは2016年、当時7歳だった娘が腹痛を訴えたのをきっかけに原因を探ろうとGoogle検索し、とんでもない詐欺行為を思いついた。

パーカーは、娘が「非ホジキンリンパ腫」であると勝手に決めつけ、娘にも重病に罹っていることを信じ込ませて髪を剃り、周りには「治療費が必要」と嘘をついて寄付金を集めていた。Facebookでパーカーの娘のことを知った人々は、騙されていることなどつゆ知らず地元企業などに募金箱を設置し寄付を募った。グレイディ郡保安官事務所によると、パーカーは寄付金以外に品物も受け取っており、総額3,500ドル(約39万円)を手にしていたという。

Facebookで非ホジキンリンパ腫という病を世間にもっと知ってもらうためのキャンペーンと称して、わざわざキャンペーン用Tシャツまで作成し、そのシャツを着てサポートしてくれる友人や地域住民らと“キャンペーン・ウォーク”を行ったことまで投稿していたパーカーは、10月20日に行われる予定になっているキャンペーン・ウォークへの参加や、寄付金を求める呼びかけもしていた。

しかし、寄付をした者数人がグレイディ郡保安官事務所に苦情を寄せたことで、パーカーの詐欺行為が発覚し逮捕となった。同保安官事務所のジム・ウェアー保安官は「パーカーは、見知らぬ人々に娘が病気だと嘘をついただけでなく、娘自身にも『がんで近々死ぬ』とまで言っていたのです。これは究極の児童虐待といっても過言ではないでしょう」と話している。

実はパーカー、2016年に地元レスリングチームの後援会で会計係として働いていた頃、後援会の現金2,000ドル(約22万円)を横領して逮捕され、有罪判決を受けている。この時、誰もがパーカーを嫌い背を向けていたが、後に娘が癌と聞かされると周りはすっかり騙されて同情を寄せていたようだ。

現在、詐欺行為と児童虐待の罪に問われているパーカーには、保釈金1万ドル(約112万円)が設定され、チカシャにあるグレイディ郡法施行センターに拘留されている。保安官事務所では、寄付をしてしまった人々に名乗り出るよう呼び掛けているという。また、娘には「癌ではない」という事実が伝えられており、今は父親のもとに預けられているとのことだ。

画像は『The Kansas City Star 2018年10月11日付「Mom shaved 7-year-old daughter’s head and said she had cancer, police say. She didn’t」(Grady County Law Enforcement Center)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント54

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ