学生時代を佐野勇斗&本郷奏多が振り返る「やんちゃしていた」「人並み以上にモテた」

2018/10/12 17:00 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

10月12日(金)、映画『凜』が『京都国際映画祭2018』TV DIRECTOR‘S MOVIEで上映を迎え、W主演を務めた佐野勇斗さん&本郷奏多さんが舞台挨拶に登壇しました。

『凜』は又吉直樹さんが原作を書き、11年のときを経て映画化されました。

「100年に1度、子どもが消える」という神隠し伝説のある村で、ほのぼのと過ごす高校2年の野田(佐野さん)。

ある日、東京から転校生(本郷さん)がやってきて、ふたりは距離を縮めます。

しかし、ひとり、またひとりと友達が消えていってしまい、転校生を疑うことに……。

佐野さんは、事務所の“先輩”にあたる本郷さんとは本作で初めての顔合わせとなりました!

出典: NOSH(ナッシュ)

「どういった立ち居振る舞いをしたらいいかわからなかったんですけど、本郷さんの背中を見て、常に現場で学ばせていただいて、何とかやり切れた思いです。撮影期間も結構タイトで、1週間くらいで濃密なスケジュールでした」と、振り返った佐野さん。

本郷さんも、「すごくあっという間でしたね。頑張りました」と佐野さんと苦労を分かち合った様子。

出典: NOSH(ナッシュ)

どんな学生時代だったのかと振られると、本郷さんは、すかさず「佐野くん、今いくつ?私28になるので、そう思って学ランを見ないでください。自分で笑っちゃいましたね……」と自虐。

しかし、モテたのでは?と振られると「いや、全然。人並み以上くらいじゃないですか?」と、しれっとクールに答え、会場をどよめかせていました。

出典: NOSH(ナッシュ)

一方、佐野さんは「中学生まではすごく真面目だったんですけど、高校からはやんちゃしていました(笑)」と語ります。

やんちゃ内容は「家庭科の授業でハンバーグを作らなきゃいけないところを、モンブランとか。冷蔵庫から生クリームをお借りしたり、程度です(笑)」と言うと、本郷さんが「僕もモンブラン作ればよかったな……」と反応していました。

『凜』は2019年2月公開予定です。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ