天才テリー伊藤対談「石川ひとみ」(2)1年の療養期間が人生の転換点に?

2018/10/12 10:00 アサ芸プラス

天才テリー伊藤対談「石川ひとみ」(2)1年の療養期間が人生の転換点に? 天才テリー伊藤対談「石川ひとみ」(2)1年の療養期間が人生の転換点に?

テリー 曲を聴きながらいろいろ考えていたんだけどさ、「まちぶせ」に出てくる女の子は、このあと、思いを寄せている男性とつきあうと思う?

石川 「振り向かせる」ことができたかどうか、ということですか?

テリー そう。だって、この女の子は、「自分はこんなにモテるのよ」って、他の人からもらったラブレターを見せつけるぐらい、かわいいんでしょう。俺はこのあとつきあったんじゃないかな、って思うんです。

石川 ああ、なるほど。

テリー でも、この男は前の彼女をフッている。もしかしたら、とんでもない性格の持ち主で、ひどいフリ方をしているかもしれない。となると、今後の2人の関係は、さらなる修羅場が待っているのかも‥‥。

石川 アハハハ、そうですか、そこまで考えたことはなかったです。でもテリーさん、その答えはなくてもよくないですか? 歌の内容の解釈は、自由にしていただければいいんです。年齢や性別に合わせて、人それぞれの「まちぶせ」があってほしいし、そのほうがずっと歌の世界も広がりますから。もちろん、テリーさんのその考えも、一つの可能性だと思いますよ。

テリー 確かにね。ヤボなこと言っちゃったかも。でも、それくらいこの曲の女の子の気持ちがリアルに感じられるんだよ。

石川 私自身は、「この女の子は振り向かせるのかもな」という気分で歌っているところはありますね。本当はすごく強い意思があるけれど、自分のそういう部分には気づかず、うじうじと悩むところもある純粋な女の子なのかなって。

テリー ああ、わかる。確かにそんなイメージも感じられるよね。ところで、ひとみさんは最初、アイドルとしてデビューしたわけじゃないですか。それこそ、NHKの人形劇「プリンプリン物語」でも主役を演じたりしてね。

石川 はい、ちょうど「まちぶせ」のヒットの前後でしたね。

テリー でも、アイドルって、年齢とともに周囲の見る目はもちろん、自分自身のスタンスも変わってくるでしょう? 何かそれを意識するターニングポイントみたいなものはあったの?

石川 う~ん、私の場合は27歳で病気になって、1年間療養していた時期があったので、たぶん、そこなんでしょうね。

テリー そうか、確かB型肝炎でしたっけ?

石川 はい、発症してから1年で復帰したんですが、体調もすぐれなかったし、事務所との契約も切れてしまってということもあったので、あくまでも結果としてのターニングポイントなんですが。

テリー 病気を抱えて事務所も出て、なんて、実際の話、大変なことだよね。

石川 とはいえ、当時は自分から「この時期に間違いなく復帰できます」と言える状態ではなかったので、事務所としては当たり前の判断だったと思います。

テリー 大人だなァ、普通はそういう時こそ支えてほしいわけじゃない。

石川 そうですよね‥‥ただ、その時は若かったですから、根拠もなく「きっとなんとかなるだろう」と思えたんですね。まず体を元気にしないと、希望があっても前へは進めない。心の中では、そういった整理はついていました。今考えてみると、私ってけっこう大胆だったんだな、なんてビックリしちゃいますけどね。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ