小型犬を飼うときに絶対知っておきたい注意点4つ

2018/9/26 20:20 わんちゃんホンポ

小型犬を飼うときの注意点を知っておきましょう

ミニチュア・ダックスフンドの子犬

日本では、住宅事情などから小型犬が人気ですね。道ですれ違うわんちゃんたちも、小型犬が圧倒的に多い気がします。

小型犬は、中型犬や大型犬と比べて、必要な運動量が少ない犬種が多く、そういう犬種を選べば、毎日の散歩にあまり時間を要しません。

また、小型犬はクレートやサークル、トイレなどのサイズが小さくて済むので、室内のスペースをあまり占領しません。

ドッグフードやおやつ、予防薬なども、中・大型犬に比べて量が少なくて済む分、費用を安く抑えることができます。

こうした点を考えると、小型犬は、中・大型犬よりも比較的飼いやすいと言えるでしょう。

とはいえ、適切な飼い方をしてあげなければ、愛犬が病気になったりケガをしたりするリスクが高まってしまいます。

では、小型犬を飼うときは、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?

小型犬を飼うときに、絶対知っておきたい注意点を4つご紹介していきます。

注意点①抱っこに注意する

カップルの男性に抱っこされる犬

体が小さく体重も軽い小型犬は、中型犬や大型犬に比べて抱っこの機会が多いかと思います。

そこで注意しなくてはいけないのが、抱っこをした状態からの落下事故です。

骨折や脳挫傷に至るケースも少なくなく、特に小型犬は骨が細いため、脚の骨が折れやすいです。抱っこの落下事故を防ぐためには、安全な抱き方をしてあげることが大切です。

小型犬を抱っこするときは、人がしゃがんで片方の手のひらで犬のお尻を支え、もう片方の腕に犬の胸をのせて持ち上げ、人の胸と犬の体をできるだけ密着させるように抱っこするといいでしょう。人の肘を締め、両手で犬を包み込むようにするのがポイントです。

なお、小型犬は椎間板ヘルニアも発症しやすいので、縦向きや仰向けの抱っこ、背中や腰がゆがんだ姿勢になる抱っこなど、腰に負担がかかるような抱っこの仕方は避けましょう。

特に、ダックスフンドなど椎間板ヘルニアになりやすい犬種は要注意です。

注意点②床に注意する

フローリングとカーペット

フローリングなどのツルツルと滑る床は、四肢の踏ん張りがきかないため、犬の足腰に負担をかけます。そしてそれが、膝蓋骨脱臼(後ろ脚の膝のお皿が外れる病気)や、関節炎などの原因になることもあります。

ですから、全面フローリングの床は避け、犬が遊ぶスペースだけでも、カーペットやフロアマットなどを敷いて滑らないようにしましょう。

カーペットを敷く場合は、毛足の長いものだと爪が引っかかり危険なので、毛足の短いものにします。ペット用ワックスを塗布して、滑りにくい床にするのも手です。

注意点③誤飲に注意する

リスのぬいぐるみをくわえたヨーキー

誤飲は、大型犬でも腸閉塞などを引き起こして危険ですが、体が小さい小型犬は少量の誤飲でも重篤な事態を招く可能性があります。

「誤飲をして手術」という事態を避けるためには、飼い主さんが十分に注意を払う必要があります。

おもちゃの誤飲を防ぐ

犬をおもちゃで遊ばせるときは、常に飼い主さんが監視して、ぬいぐるみの中綿やほどけたロープなどを誤飲するのを防ぎましょう。

ボロボロになったおもちゃは与えないようにすることや、誤飲の危険の少ないおもちゃを選ぶようにすることも大切です。

ゴミの誤飲を防ぐ

ゴミ箱には、犬が飲み込んだら危険なものがたくさん含まれています。室内に置くゴミ箱は、犬があされないようにフタ付きのものがおすすめです。倒れてもフタが開かないタイプのゴミ箱ならば、さらに安心度が増します。

床やテーブルの上のものの誤飲を防ぐ

床やローテーブルには、アクセサリーや薬など、誤飲の恐れがあるものを置きっぱなしにしないように注意しましょう。

また、人間の食べ物には犬が中毒や腸閉塞を起こしたり、消化できなかったりするものが多くあるので、テーブルの上に人間の食べ物を置きっぱなしにしないように要注意です。

注意点④散歩は必要

落ち葉の上を散歩する三頭の小型犬

ペットショップのスタッフが、「散歩の必要がない犬種ですよ」と言って、小型犬を勧めてくることがあります。確かに、愛玩犬グループに属する小型犬の中には、体力的な面から長時間の散歩は必要ないと言える犬種が多くいます。

しかし、毎日同じ室内の中でばかり過ごしていると刺激不足となり、犬の心身に不調をきたす恐れがあります。

犬は散歩に出かけることによって、いろいろなにおいを嗅いだり景色を見たり、他の犬や人と触れ合ったりと、たくさんの刺激を得ることができます。

つまり散歩は、犬の運動欲求を満たすだけではなく、脳の刺激にもなるのです。また、ストレスの発散にもなります。ですから、小型犬にも散歩は必要です。

犬の大きさや年齢に関係なく、毎日散歩へ連れて行くようにしましょう。

まとめ

お座りしている六頭の小型犬

ちょこちょこと動き回る小型犬は本当にかわいいです。しかし、小型犬に限ったことではありませんが、ただかわいがるだけでは、犬の飼い主としての責任や役割は果たせません。

毎日の世話や散歩はもちろん、しつけもきちんと行わなくてはいけません。そして、適切な飼い方をするというのも、飼い主さんの重要な役割です。小型犬は体が小さい分、ちょっとしたことが重篤な事態につながりかねません。

小型犬を飼うときは、ご紹介したような点に十分気をつけて、愛犬が健康で快適な毎日を送れるようにしてあげてくださいね。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ