犬が耳をピクピクさせる理由5つ

2018/9/25 20:00 わんちゃんホンポ

犬が耳をピクピクさせるのはなぜ?

右耳を上げている垂れ耳の犬

犬の耳ってよく動きますよね。
犬の聴覚は、人間の4倍も5倍もあると言われていますし、立ち耳では32方向の音を瞬時に判別することができるとされています。

私たち人間が聞き取ることのできない音を聞くことができるため、愛犬が耳をピクピクさせているとき、何を聞き取っているのだろうか、と私も警戒することがあります。

その動きで犬がどんな気持ちでいるのかを読み取ることもできますし、その動きに意外な理由が隠されていることもあります。
犬が耳をピクピクさせるとき、どんな理由が隠されているのか、いくつかご紹介します。

犬が耳をピクピクさせる理由①「興味を持っている」

青い服を着ているヨーキー

耳を立てたまま、少し前に傾けている状態でピクピクさせているときは、音に対して興味を持ち、「あれは何だろうか」と注意して聞いている状態です。

その音は、近所の子供たちの笑い声であったり、家の中にいる家族の話し声であったりなど、いろいろあります。
不安や恐怖ではなく、何か楽しいことがあるのではないか?というワクワクした気持ちであると思います。ピクピクさせている耳の動きと合わせて、表情も見てみましょう。

犬が耳をピクピクさせる理由②「好意をあらわしている」

ピンクの花と嬉しそうな犬

人や犬に会ったときにみせる動きなのですが、耳を後ろにキュッと持っていくようにして、ピクピクさせているときは、相手に対しての好意をあらわしています。
尻尾の動きや表情などにも、嬉しい気持ちなどがあらわれているはずです。

犬が耳をピクピクさせる理由③「迷っている」

怯えたような表情で耳を下げている黒い犬

耳をあちこちの方向に動かすようにピクピクさせているときは、迷いながら何かを考えている状態です。
イタズラをして、飼い主さんから叱られてしまっているときにもみせる動きです。
飼い主さんから叱られて、「ああ、どうしよう…!」と次の行動を考えているのでしょう。

犬が耳をピクピクさせる理由④「夢を見ている」

眠っているトイプードル

眠っているとき、耳をピクピクとさせることがあります。
声をかけても起きないし、眠っている様子だけど、耳はピクピク動いているな、というときは夢を見ているのではないかと思います。

犬にも人間と同じように、レム睡眠であるときとノンレム睡眠であるときがあり、レム睡眠である浅い眠りのときに、夢を見るとされています。
耳をピクピクさせる以外にも、鳴いたり、手足をバタバタさせたり、いろんな動きがみられますよね。

眠っているときも脳が警戒している!?

レム睡眠である浅い眠りのとき、犬は周りの音に対して、警戒しながら眠ってることがあるのではないかとされています。
特に神経質な犬や警戒心の強い犬は、眠っている間も脳が警戒しており、耳をピクピクさせながら、遠くの音までも聞き取っているようなのです。
愛犬が耳をピクピクさせながら眠っているとき、「今、レム睡眠なのかな?」なんて考えながら見てしまいそうですね。

犬が耳をピクピクさせる理由⑤「耳の病気の可能性」

耳のお手入れをされているパグ

ふだんから、異常に耳をピクピクさせたり、耳を気にしたりする様子がある場合には、外耳炎や耳介部に炎症や刺激が起きている可能性を考えることができます。

また、脳に炎症や腫瘍がある場合、神経症状によって耳を必要以上にピクピクさせることもあります。神経症状が原因である場合には、特別な検査が必要です。

耳から異臭はしていないか。耳からベタベタとした耳垢が出ていないか。耳の皮膚に湿疹や赤みはないかなどを確認してみてください。

まとめ

水色のソファーでくつろぐポメラニアン

犬が耳をピクピクさせる理由には、犬の気持ち、夢を見ている、耳の病気の可能性などいろいろなことが隠されています。
健康状態や表情や耳をどのようにピクピクさせているのかなど、いろんな要素を合わせて考えてみると、愛犬の気持ちを読み取ることができるのではないでしょうか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ