映画『ブラックパンサー』はアカデミー賞でたくさんオスカーを獲るかも?

2018/9/16 20:00 ギズモード・ジャパン

Image: © 2017 Marvel Image: © 2017 Marvel

アカデミー賞でブラックパンサー旋風が吹き荒れるのか?

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが「人気映画部門」を新設すると発表したと思ったら、すぐに「あー、ちょっとやっぱりやめる」と言い出し、なんだかモヤモヤした感じですね。

今年大ヒットした映画『ブラックパンサー』も人気映画部門があれば間違いなくノミネートされる作品。人気映画部門は文化的に影響を与えた作品を讃えようというアカデミーの意図だったみたいですけど、その部門あるなしに限らず、マーベルの親会社ディズニーは『ブラックパンサー』を来年のアカデミー賞の主要部門ほぼ全部にノミネート申請しています(アカデミー賞って自分から申請するものだったんですね...)。

衣装デザイン賞はもちろんのこと、一番大きな作品賞、監督賞(ライアン・クーグラー)、主演男優賞(チャドウィック・ボーズマン)、助演男優賞(マイケル・B・ジョーダン、マーティン・フリーマン、ダニエル・カルーヤ、スターリング・K・ブラウン、フォレスト・ウィテカー、アンディ・サーキス)、主演女優賞(ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、レティーシャ・ライト、アンジェラ・バセット)、撮影賞(レイチェル・モリソン)、そして歌曲賞としてケンドリック・ラマーとSZAによる『All the Stars』も。

っていうか、これ全員!!これで本当に、ほとんどの部門で賞を獲っちゃったら面白いことになりそうです。実は、マーベルとディズニーがこうして多くのノミネート申請をしていることには、大切なメッセージが込められていて、『ブラックパンサー』はファンの人気投票で受賞する作品というだけなく、映画作品として真剣に扱われるべきだということを言っているようです。

Source: CNN, Disney Studio Awards

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ