音楽&走りをテンポアップ!ジョギングが何倍も楽しくなる音楽プレーヤーアプリ

2018/9/14 19:08 FYTTE

音楽&走りをテンポアップ!ジョギングが何倍も楽しくなる音楽プレーヤーアプリ 音楽&走りをテンポアップ!ジョギングが何倍も楽しくなる音楽プレーヤーアプリ

走る速度に合わせて音楽のテンポを変換してくれるアプリ

ジョギング中のアプリ表示画像

「Hi! Tempo Player」で音楽再生すると、ユーザーの走る速度に合わせて“サウンドテンポ”を変換してくれます。名前のとおりに「ハイテンポ」からゆったりとした「スローテンポ」まで対応しているので、自分に合った速度にセッティングしてみて。

音楽再生中の画像

アプリを起動すると、画面に「ジョギング用のプレイリストを作成しましょう」というガイダンスが。案内に従って「+」のマークをタップすれば、“新規プレイリスト”の「名前決め」がスタート。同アプリの利用者は、「ジョギングソング!」「気分が上がる邦楽ベスト(ジョグ用)」といったように好きなネーミングをつけているようです。

ホーム画面の表示画像

曲のチョイスが終わったので、今度は実際に音楽を再生。すると音楽プレーヤーが起動して、先ほど選んだ“マイベストソング”の1曲が流れてきました。さらに画面には現在地を教えてくれるマップと曲の速度を示す“BPM”を表示。BPMとは1分あたりの“ビート数”を表す単位のことで、この数字を変更すればテンポを調節できます。

試しに通常数値の「167」から「200」まで上げてみると、曲のスピードが急激に速くなりました。あまりにもテンポアップさせると、「全力ダッシュ」しないと間に合わないリズムになってしまうので気をつけましょう。

BPM変更時の画像

実際に利用しているユーザーからは、「足が地面につくタイミングでバスドラムが鳴り響くから、シンクロ感がすごい!」「調子乗ってBPM上げたらすぐバテた。でも爽快感がハンパない!」といった好評の声が続出。

なかには「『オーレンジャー』のOP曲ってサビ部分が『ダッシュ! ダッシュ! オーレンジャー』っていう歌詞なんだけど、聴きながら走ったらすごい楽しかった(笑)」と、リリックに「走る」というワードがある曲を選んでいる人もチラホラいました。

マップの表示画像

同アプリは「GPS計測機能」が備わっており、位置情報を元に「走った距離・消費カロリー・ジョギングルート・区間ペース」などの数値を正確に割りだしてくれます。もちろん経過はすべて保存できるので、日々増えていく“ジョギング記録”を眺めて達成感を体感してみてはいかが?

<レート>
3(最大5/App Store/8月31日現在)

<アプリ情報>(App Storeより)
販売元:Tatsuya Hirose
サイズ:10.3MB
互換性:iOS 7.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語:日本語、英語
年齢:4+ 対象年齢
Copyright:(C)Tatsuya Hirose

<App Storeでダウンロード>

 

文/矢野りさ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ