室内犬をケージに入れっぱなしにするのは良いの?悪いの?

2018/8/21 20:20 わんちゃんホンポ

ケージに入れっぱなし。良いの?悪いの?その答えは・・・

ケージの中にいる柴犬

総合した結論を先に申し上げますと、ケージに犬を“入れっぱなし”にするのは「悪い」ことです。

※ただし、犬が自ら進んでケージに入りたがる場合を除きます
※「ケージの中の方が大人しくなる」は犬が諦めている可能性大

ケージを犬の生活の場にするのではなく、トイレトレーニングや避難場所にするといったような、上手くケージを活用・利用するというスタンスでいくのが良いです。

このように上手くケージを利用している飼い主さんも、多くいらっしゃいます。では、なぜケージに入れっぱなしにすることが悪いのか、理由を見て見ましょう!

ケージに入れっぱなしがダメな理由1:人間の都合でしかないから

ケージの中のダックスフント

愛犬をケージに入れっぱなしにしている時間が長い飼い主さんは、今一度、どうしてケージの中に閉じ込めるのか?という理由を考えて見ましょう。

✔イタズラをするから
✔家の中が汚れるから
✔しつけ教室で言われたから
✔留守番中に危ないから
✔狭いところが好きだと言われているから

これらは全部、人間が犬を管理するための都合のいい理由です。犬を室内で飼えば、家が汚れたり傷ついたりすることは当然です。一部のしつけ教室でも、ケージ飼いを勧めているという事を聞いた事がありますが、おそらく犬を管理しやすいからなのでしょう。

犬は狭いところは好きですが、限られたスペースに閉じ込められることが好きなわけではなく、自ら自由に出入りできる洞穴的スペースが安心するだけです。

家の中の危険なものは片付ける、入ってほしくないスペースだけゲートを付けるなど、対策はいくらでもできます。愛犬が犬らしく生活できるように、手間暇を惜しんではいけませんよね。

ケージに入れっぱなしがダメな理由2:ストレスがかかる

檻越しに見つめるポメラニアン

ケージに入れると、行動を制約され、外に出たい犬は「出してほしい」「もっと快適な場所で休みたい」といったストレスがかかります。また、日の当たり具合などによって、部屋の中でも1日のうち快適な場所は変化しますよね。

ケージに長時間入れられてストレスが溜まると、問題行動を引き起こし、そうなると、さらに飼い主さんはケージに入れる時間を増やす・・・。この悪循環によって、問題行動が悪化する負のスパイラルに陥るのです。

ずっとケージ飼いをしている飼い主さんで、「うちの子はイタズラばかりするから出せない」とお悩みの方は、一度室内を自由にできる環境を作ってあげてみてください。改善の一歩を踏み出せるはずです。

ケージに入れっぱなしがダメな理由3:アニマルライツ(動物の権利)に反する

アニマルライツにチェックする人

日本では、まだすべての人に浸透しているとは言えない現状が悲しいですが、犬にも「犬らしく幸せに生きる権利」があります。

決して人間の所有物(モノ)ではありません。犬自身が心地よいと思う環境で、犬らしく、幸せに生きる権利があります。

犬は本来、広い野山を自由にかけまわり、自分の快適で安心できると思った場所に巣穴を作ります。ペットとして飼われていても、できるだけこうした性質を尊重しなければなりません。

ヨーロッパの国一部の国では、犬をケージに入れっぱなしで飼うことは、法律で禁止されていますし、一定時間以上の散歩、ほかの犬との触れ合いを義務付けることもあります。

また、日本の動物愛護管理法という法律にも、「その動物の特性を考えて、適切に飼うこと」と定められています。

ですので、狭い場所(ケージ、クレート、檻など)に長時間閉じ込めるという行為は、「犬の特性」に反しているので、絶対にやってはいけない行為なのです。

まとめ

ケージの中のラブラドールレトリバー

いかがでしたでしょうか。この記事をきっかけに、広い場所でのびのびと犬らしい生活が送れるワンちゃんが増えることを願います!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント21

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ