村田修一選手、事実上の引退表明に惜しむ声多数 「巨人に行かなければ」と嘆きも

2018/8/1 16:30 しらべぇ

村田修一選手、事実上の引退表明に惜しむ声多数 「巨人に行かなければ」と嘆きも 村田修一選手、事実上の引退表明に惜しむ声多数 「巨人に行かなければ」と嘆きも

バッティング

(cosmin4000/istock/Thinkstock)

横浜ベイスターズと読売巨人軍で活躍し、今年はBCリーグ栃木でプレー中の村田修一内野手(37)が1日、記者会見で「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と表明。

「引退」を明言しなかったものの、今季限りで現役を退く意思を示した。

■昨年10月に巨人を自由契約

村田内野手は昨年10月巨人を自由契約に。2017年シーズンも100安打・14本塁打とまずまずの結果を残していたことから、契約する球団が現れるものと思われた。

ところが各球団とも獲得に消極的で、春季キャンプが始まる2月になっても移籍先が決まらず。村田内野手は苦渋の決断として、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団し、現役を続行しながらオファーを待つ。

しかし契約の話はなく、7月31日で各チームが選手を獲得できる補強期間が終了。その去就が注目されていた。

■「野球を続けるのは考えにくい」と発言

栃木県内のホテルで会見を開いた村田内野手は、来季以降「NPB復帰を目指さない」ことを明言。そして「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と事実上の引退宣言とも取れる発言を行う。

ただし、「引退」の2文字は口にせず、「今日この時点で引退するという発言はしたくない」とコメント。栃木ゴールデンブレーブスの一員として最終戦までプレーする意思を見せた。

BCリーグでは7月31日現在3割5分2厘、9本塁打、44打点と力の違いを見せつけている村田内野手。来季以降は引退が濃厚ではあるものの、今季は独立リーグの現役選手として、残りのシーズンを全うするということのようだ。

■巨人への批判も…

村田内野手は横浜ベイスターズに入団し、2回のホームラン王を獲得。2011年オフにFA宣言し、巨人に移籍した。

巨人にFA移籍した選手は落合博満選手・清原和博選手・広澤克実選手・小笠原道大選手など、力が落ちると戦力外同然の扱いで他球団へ移ることが多く、村田内野手も同様。

それだけに一部のファンからは「巨人に行かなければ…」「巨人の対応が最低」という批判の声があがっている。

ただし巨人が村田修一内野手を自由契約としたのは「FA移籍による補償金支払いのリスクをなくすための誠意」と報じられている。

一定の配慮だったようだが、ファンは納得出来ないものを感じているようだ。

■FAが人生を変えた?

村田内野手の野球人生を大きく変えた出来事が、FA移籍であることは間違いないだろう。巨人でも優勝に貢献するなど活躍を見せたが、ベイスターズに所属していた場合、現役を続けていた可能性も否定しきれない。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代から60代の男女466人にFA制度について聞いた調査では、2割が「プロ野球をつまらなくしている」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

もちろんFA移籍は村田内野手の意思であり、優勝・日本一を経験したことから後悔をしていないものと思われるが、ファンとしては「横浜にいれば…」と思ってしまうのも事実だろう。

今季限りで引退する可能性が高いものの、BCリーグ栃木ゴールデンブレーブスの公式戦終了までは現役を続行する村田修一選手。残り試合の活躍に注目したい。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の野球ファン466名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ