キャサリン妃&メーガン妃、ウィンブルドンで“美の競演”

2018/7/16 15:00 Techinsight

ロイヤルボックスから拍手を送るキャサリン妃&メーガン妃(画像は『Kensington Palace 2018年7月14日付Twitter「Congratulations @AngeliqueKerber on your first @Wimbledon title!」』のスクリーンショット) ロイヤルボックスから拍手を送るキャサリン妃&メーガン妃(画像は『Kensington Palace 2018年7月14日付Twitter「Congratulations @AngeliqueKerber on your first @Wimbledon title!」』のスクリーンショット)

現地時間14日、キャサリン妃とメーガン妃がウィンブルドンにて初の2人での公務を行った。決勝に進出した友人セリーナ・ウィリアムズの奮闘をロイヤルボックスから見守る2人に、多くの観客が釘付けとなった。

「ウィンブルドン選手権」の会場「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(The All England Lawn Tennis & Croquet Club)」のロイヤルボックスは、テニス好きのセレブ達が一堂に会することで知られる。毎年夏に行われる同イベントにはビッグセレブが応援に駆けつけ、会場に華を添える。テニスの試合ももちろんだが、華やかなファッションに身を包んだ彼らをチェックするのも楽しみの一つだ。

14日に行われた女子シングルス決勝、米国のセリーナ・ウィリアムズ選手とドイツのアンゲリク・ケルバー選手による大一番には、英王室のキャサリン妃&メーガン妃がそろって登場した。ロイヤルボックスで談笑しながら試合の行方を見守る2人の“公爵夫人”、その華やかな美の競演には多くの人々が釘付けとなった。

キャサリン妃はこの日、お気に入りブランドの1つである「ジェニー・パッカム」のプリントドレスをセレクト。白地に黒のドット柄が描かれたラッフル入りドレスは、フェミニンなスタイルが得意のキャサリン妃にピッタリ。第3子ルイ王子の出産からわずか3か月弱であることを忘れてしまいそうな、スレンダーなボディを披露していた。「ジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)」のスエードパンプスに「ドルチェ&ガッバーナ」のベージュバッグを合わせたコーディネートは、まさに世界中の女性の憧れであろう。

一方のメーガン妃は「ラルフローレン」をチョイス。白と青の爽やかなストライプシャツをクリームカラーのワイドパンツにインしたファッションで、“スポーティー・エレガンス”を演出。そしてルーズなおだんごヘアに「メゾン・ミッシェル(Maison Michel)」の帽子を合わせていた。

ウィンブルドンで見せた両妃のファッションによる“キャサリン効果”“メーガン効果”は相当のものになると予想される。今後も華やかな美の競演に注目していきたい。

画像は『Kensington Palace 2018年7月14日付Twitter「Congratulations @AngeliqueKerber on your first @Wimbledon title!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント44

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ