Rei、自主企画イベントでオカモトショウと共演&ユニバーサル移籍を発表!

2018/7/14 12:00 OKMusic

7月13日(金)@東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE 7月13日(金)@東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE

Reiが7月13日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて『Reiny Friday -Rei & Friends- Vol.8』を開催。自身のレーベル<Reiny Records>と共に<ユニバーサル ミュージック>に移籍することを発表した。

このライヴは毎回、彼女が音楽仲間をゲストに招いて実施している自主イベントで、今回で8回目。この日はゲストにのオカモトショウ(OKAMOTO'S)をゲストに招いて行なわれた。

ステージにひとりで登場したReiはラベンダー色のワンピースに身を包み、イベントのテーマ曲である「Rainy Monday Blues」をアコースティックギター1本で披露しライヴがスタート。その後バンドメンバーが登場して、「MOSHI MOSHI」「JUMP」「Black Cat」など、ファンにおなじみの楽曲を披露し、満員の会場を沸かせた。

そして、ザ・ビートルズの「Birthday」の曲中で、この日のゲストであるオカモトショウを呼び込み、大きな歓声とともに登場した。もともと好きな音楽の趣味が近かったという2人は、リトル・ウォーター「Mellow Down Easy」、The WHOの「My Generation」、Aerosmith「Walk This Way」、そしてOKAMOTO'S「90'S TOKYO BOYS」の4曲をバンドのメンバーと共に息の合ったパフォーマンスを見せた。

ライヴの後半は「my mama」「Route 246」「COCOA」などを演奏、ライヴ本編の最後は最新シングル曲「New Days」で本編は終了。 アンコールに応え、ステージに再び登場したReiはMCで「アンコールありがとうございます。ここで皆さんにお知らせがあります。私の所属する<Reiny Records>が<ユニバーサル ミュージック>に移籍することになりました。<Reiny Records>は2015年に『BLU』を作ったときに創設し、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」という詩に敬意を込め『雨の日も晴れの日も変わらず上質な音楽を創っていきたい』という気持ちで作ったレーベルです。これからも皆さんと素敵な音にあふれた輝かしい景色を一緒に共有できたらいいなと思っています」 「実は今作品を作っていて、どんどん楽しいお知らせが皆さんの元に届くと思うので楽しみにしていてください」 と話し、現在、次のリリースに向け制作を行なっていることを語った。

その後、バンドのメンバーとオカモトショウを再びステージに呼び込み、「Got My Mojo Workin'」を披露。最後に「BLACK BANANA」を全員で演奏し、この日最高の盛り上がりを迎え、ライヴは幕を閉じた。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ