OLのスカート内を動画撮影…阪神“盗撮スコアラー”の評判

2018/6/14 19:09 日刊ゲンダイDIGITAL

コーチ時代の山脇容疑者(C)日刊ゲンダイ コーチ時代の山脇容疑者(C)日刊ゲンダイ

 対戦相手ではなく、スカートの中を“分析”してはダメだ。

 女性のスカート内を盗撮したとして、阪神タイガースのスコアラー、山脇光治容疑者(55=兵庫県宝塚市)が12日、宮城県迷惑行為防止条例違反の疑いで、同県警に逮捕された。山脇容疑者は同日午後4時15分ごろ、JR仙台駅東口から連絡通路に上がる屋外の屋根のあるエスカレーターで、前に立っていた女性会社員(25)のスカートの中にスマートフォンを差し入れ、撮影した疑い。

「スカートがめくれたと感じた女性が後ろを振り向くと、まさに山脇容疑者がスマホをかざして動画撮影をしていた。驚いた女性は大声を上げ、悲鳴を聞いた周囲の人たちが、その場で取り押さえた。余罪については現在、捜査中とのことです」(捜査事情通)

 山脇容疑者は「楽天生命パーク宮城」で15日から行われる楽天との交流戦に備え、現地を訪れていた。調べに対し「後ろ姿だけでも撮ろうとしていたら、たまたま風でスカートがめくれ上がった」と苦しい言い訳をしているそうだが、スマホには女性の下着が写った動画が残っていたという。

 1980年にドラフト外で阪神に入団。95年の現役引退以来、二軍コーチ、スコアラー、一軍コーチを経て、16年から再びスコアラーを務め、38年間、トラ一筋だった。

「現役引退後、一度も球団を離れないのは、極めて異例です。現役時代の成績、指導者としての実績や能力については疑問符がつくが、とにかく権力者に取り入るのがうまい。岡田彰布元監督が『アイツ、何かあるしな』と意味深なことを言っていました。何かないと、こんな長期契約はあり得ません。今回の一件がなければ、定年まであと10年はいられたはずです」(チーム関係者)

 山脇容疑者は上下関係が厳しいことで有名だった大阪の浪商高出身で、元プロ野球選手の牛島和彦、香川伸行の1年後輩だ。

「若い頃は鬼コーチとして恐れられていて、ミスした選手に容赦なく鉄拳制裁を加えていた。練習後、若手選手に『トンボをかけろ』と命じ、言うことを聞かなかったことにキレ、顔が腫れあがるまでボッコボコに殴ったこともあった。とにかく現役時代から、曲がったことが大っ嫌いな人でしたね」(元阪神選手)

 犯行時間の午後4時すぎには、すでに試合前練習が始まっていて、本来なら球場でスコアラー活動をしなければならない時間帯だ。曲がったことは嫌いでも、ムラムラは抑えられなかったのか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント79

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ