【生年月日相性占い】「ラブラブカップル」になれる組み合わせは?

2018/5/21 20:00 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

生まれた日によって相性のよしあしが分かるのは、今や占いにおいては常識。中でも数秘術は生年月日さえ分かればOKなので、非常に手軽です。

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。そこで今回は、生年月日からあなたとラブラブカップルになれる相性を導いてみましょう。

例えば、1980年3月14日生まれの場合、生まれ年は1+9+8+0=18。1+8=9。生まれ月の3はそのまま。生まれ日は1+4=5。全部合わせて9+3+5=17。1+7=8。よって、1980年3月14日生まれの人の数字は“8”になります。

 

■1・5・8の女子…相性が良いのは「情熱的で男らしい男子」

この数字の人は、出会った時から相手に恋する一目惚れタイプ。そのため、情熱的な男らしい男子との相性が抜群。

特に、1・8の人はエネルギッシュで率直な性格のため、付き合う男子もナヨナヨした相手より、ストレートな人と上手くいくでしょう。

5の人は惚れっぽく、自分をリードしてくれる男子にメロメロになる傾向が。積極的な性格の男子とはいつも新鮮な関係でいられそう。

 

■ナンバー2・9の女子…相性が良いのは「慎重で頭の回転が速い男子」

この数字の人は慎重な性格で、ある程度「友達の期間」を経てから付き合うタイプ。そのため、堅実で頭の回転が速い男子にトキメキを覚えるようです。

2の人は自分の価値観を共有できる男子と息がピッタリ。そのため、何事も準備して事に臨む“優等生”的な男子が理想的。

9の人は友達のような爽やかな恋愛をするタイプ。自分のことにあまり干渉せず、見守ってくれるような男子が居心地いいはず。

 

■ナンバー3・6の女子…相性が良いのは「会話上手で気が利く男子」

この数字の人は、好奇心旺盛で楽しいこと大好き! そのため、自分と似た軽やかなタイプの男子を好きになる傾向があります。

3の人は、明るくて多くの異性からモテるといえます。そのため、付き合う男子も楽しくて会話が面白い相手がハマるでしょう。

6の人は小さなことでも感動できる感激屋。一緒に映画などを見て涙してくれるような、感受性の強い相手なら毎日が楽しくいうことありません。

 

■ナンバー4・7の女子…相性が良いのは「誠実でマジメな男子」

この数字の人は恋にオクテで、好き嫌いが激しくなかなか恋愛に発展できないことが。そのため、誠実でマジメな男子なら安心して心を開けるでしょう。

4の人は恋に恋するロマンチスト。意外と結婚願望も高めなので、いい加減な人はまずNG。礼儀正しく何事もキンとした男子が一番です。

7の人は付き合う相手を選んでしまう傾向があります。そのため、裏表のない正直で分かりやすいタイプの男子なら、飛び込んでも安心だといえます。

 

古くから、生年月日にはその人“固有のパワー”が宿っていると信じられてきました。

そして、そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱点を晒すことに等しいとまで言われたそうです。そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身のことをもっと深くまで知ってみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ AlessandroBiascioli/shutterstock

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ