日記かよ…「勘違いおじさん」がSNSでやらかしがちなコト

2018/5/18 19:25 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

SNSを利用していて、勘違いおじさんを見かけたことってありますか。同じSNSを利用していても、年齢層が違えば使い方も変わるもの。

“SNSは若い者のモノ”という決まりはないにせよ、なかにはオジサンたちの使い方に目の余る思いをしている女性もいるでしょうか。

でも、具体的にどんなSNSの使い方が、勘違いおじさんに映ってしまうのか。今回は、勘違いおじさんがSNSでやらかしがちなコトを集めてみました。

 

■自分頑張っているアピール

「自分頑張っているアピールをしているオジサンは苦手かも……。“今日も終電まで仕事”“遅くまで仕事しているみんな、今日もお疲れ様”って自己完結のメッセージを見ても、知り合いじゃなきゃリプはしないかな。」(28歳/女性/販売)

若い世代でも「明日も仕事~」「あと○日行けば休み!」といった、投稿は見られます。「自分こんなに頑張って仕事している」というアピールを感じる雰囲気が、なかにはウザイと感じてしまう若者もいるようです。

でも、仕事で疲れているのはみんな同じ。「私もこれから仕事です~! 今日も一日頑張りましょうね」、「遅くまでお疲れ様でした! ゆっくり休んでくださいね!」など。

時々でもいいので、ねぎらいの言葉をかけてあげたりながら、お互いに居心地のいい雰囲気作りが意識できるといいのかもしれません。

 

■真面目過ぎるリプ

「フォロワーと積極的に絡んでくるのは、おじさんだったりする。まめに“おはよー”“お疲れ様”の挨拶をしてくる……。それまではいいんだけど、自分のなかでは些細な投稿だったり、単なる愚痴だったりする呟きに、真面目にレスしてきたり。もっとライトにやってくれたら……とは思うかな。」(27歳/女性/IT)

SNSの使い方は、人によってまちまちですよね。リアルでは話せない趣味の話をするためや、素の自分を見せるために、Twitterなどを利用している人も多いでしょう。ツールの特徴をあまり理解せず、一時の感情だけで、投稿に意見してしまうおじさんはいるかもしれません。

でも、SNSを利用していれば、誰しも一回は似たような経験をしたことがあるのでは?

「貴重な意見ありがとうございます」「すみません、私の愚痴を駄々洩れしてしまって……」など。Twitterのキャラとは別に、“わかっている自分”も出せると、おじさんは意外と見直し、SNS上とはいえ、いい関係を築けるかも?

 

■日記のようなメッセ

「おじさんの特徴かわからないけど、街コンで知り合った一回り上の男性から、“今日、○○したよ”“これから仕事~”“頑張って○○してくる!”みたいな。日記のようなメッセージが毎回送られてきて、ちょっと対応に困ったことはあります。」(27歳/男性/サービス)

歳の若い子とLINE交換となると、人によってはちょっと勘違いして、(嬉しくなって?)LINEをしたくなってしまうおじさんもいるかもしれません。でも、LINEってTwitterやFacebookと違って、話題がないとやり取りをしづらいツールですよね。

そのため男性によっては、切り上げ方がわからず、日記のようなメッセを送ってしまっている人もいるようです。

ムリにLINEをしても仕方ありませんし、「お疲れ様です。最近仕事が忙しいので、また落ち着いたら返事しますね」と、切り上げてもいいのでは。相手もそのうち、あなたとの距離の図り方に気づくはずです。

 

SNSをしていれば、いろいろな人を見かけますよね。勘違いおじさんもそのうちのひとりでしょうか。あまり目くじらを立てず、自由にSNSをしつつも、仲良くなれるタイミングがあれば、いろいろな人とのやり取りを楽しめるといいですね。

【画像】

※ Kite_rin/shutterstock

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ