背筋がゾッ…!浮気男が激白。本命彼女から送られてきた狂気LINE

2018/5/17 19:00 NOSH

NOSH(ナッシュ) NOSH(ナッシュ)

愛しているからこそ、絶対に許せないパートナーの浮気。最終的に「戻ってきてくれたから」「一度だけだから……」なんて見逃せると思ったら大間違いですよね。

そこで今回は、20~30代の独身男性たちに“思わず背筋がゾッとした彼女からの狂気LINE”をこっそり暴露してもらいましたよ。

 

■「10分以内に戻って来ないと、どうなるか分かっているよね?」

「友達に誘われて合コンに参加しているとき。同棲中の彼女から、“今○○とどこにいるの?”“全部知っているからね”“10分以内に戻って来ないと、どうなるか分かる?”と俺が大切にしていたフィギュアの写真が送られてきて、焦って帰ったことがある。」(31歳/IT)

浮気の証拠を掴んだ女性は、今すぐ謝罪しに来ないと“大切なものを捨てる”“カレの両親に告げ口をする”など、かなり強硬なLINEを送っていることが判明! 実際にこの男性も10分以内に自宅に戻ることができず、目の前でフィギュアを壊されてしまったといいます。

でも、それもこれも自業自得。大切なパートナーがいながら、浮気に走ってしまった男性が悪いのは確かですね。

 

■「寂しい人ね」「心の乏しい人ね」

「浮気がバレたとき、彼女に問い詰められると思っていたから、“あなたって心の乏しいひとね”と送られてきたときは拍子抜けして背筋がゾッとした。それからしばらく生きた心地がしなかった。」(33歳/金融)

ヒステリックになって感情を爆発させるよりも、浮気男には冷ややかな一言が心にグサッと刺さるようですね。この男性も「こんな恐怖を感じたのは初めてだった」と浮気したことを後悔していました。

あなたも彼氏の浮気が発覚したとき、あえて怒らずに“気にしないフリ”をしてみてはいかがですか? 恐怖心に駆られた男性は、猛反省してあなたのもとに戻ってくるはずですよ。

 

■「ごめん、送るところ間違えた!」

「同期のメンバーで組んだグループLINE宛に、本命彼女から“あ、ごめん、送るところ間違えた”“みんな見なかったことにして”と浮気現場の写真が送られてきて、かなり叩かれた。社内で居心地が悪くなるし、彼女にも振られるし、浮気相手は会社を辞めちゃうし……。」(27歳/IT)

意外と多かったのが、グループLINEを使ったカレ批判! 浮気相手がメンバーのよく知る相手だった場合限定ですが、浮気している現場を掴んでシェアしてしまうのがもっとも効果的なようです。

実際にこの男性も「周囲からキツク責められた」「社内で居心地が悪くなった」と語るほど、叩かれて反省している模様。カレへの怒りはもちろん、相手の女性へのイライラも一気に晴らすことができそうです。

 

浮気されたカレと別れを決断するのか、これからも向き合っていくのかはあなたが決めること。でも、一瞬でも「まだ一緒にいたい」「やっぱり好き」と迷いを感じたら、怒りの矛先は相手の女性ではなく“サイテー男”に向けるべきです。もう二度と同じ悲しみを味わうことのないよう、本当の意味でカレを改心させる努力が必要ですからね。

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

【画像】

※ HBRH/shutterstock

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ