TOKIO山口達也 書類送検のタイミングに残る謎と酒浸り情報

2018/4/25 19:10 日刊ゲンダイDIGITAL

無免許運転で書類送検の過去も(2011年8月の謝罪会見)/(C)日刊ゲンダイ 無免許運転で書類送検の過去も(2011年8月の謝罪会見)/(C)日刊ゲンダイ

「なぜこのタイミングで?」とワイドショースタッフは首をかしげる。

 TOKIOの山口達也(46=東京都港区)が、女子高生(16)に無理やりキスするなどして強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検された一件だ。

「女子高生とは、山口が司会を務めるNHKの若者向けの情報番組『Rの法則』を通じて知り合ったそうで、事件をすっぱ抜いたのもNHK。それも女子高生側と和解が成立した後というタイミングで報じられた。流れができていたとしか思えません」(前出のワイドショースタッフ)

 それにしても30歳年下の女子高生とは、どうかしているだろう。

「“予兆”は2016年の夏ごろからありました」と、在京キー局スタッフがこう話す。

「山口はその年の7月4日、レギュラーの朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ)に眼帯姿で登場。『自転車で転んでけがをした』とおどけていましたが、その頃にはすでに5歳年下の元モデル妻との関係が悪化し、山口はお酒に走っていたともっぱら。『酔っぱらって転んだんだろう』とささやかれていました」

 そして同年8月に妻と離婚。

「10月には女性自身に『山口達也<再生心労>通院!』と報じられています。所属事務所は否定していましたが、アルコール依存を疑われていた。もともとお酒好きですが、離婚後、度が過ぎていたのは確かです。今回の事件もお酒が原因とみられています」(前出の在京キー局スタッフ)

 もちろん、酔っ払っていたで許される話ではない。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント217

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ