「クソ野郎」シリーズ第2弾製作決定も「タダでも見に行かない」の声

2018/4/21 20:00 DOKUJO[独女]

出典:「新しい地図」公式サイト 出典:「新しい地図」公式サイト

元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が20日午前0時から、YouTube「ユーチューバー 草なぎチャンネル」で ライブ配信を行った。

「クソ野郎3人から8分6秒の御礼」と題し、3人が主演を務めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が累計動員数25.6万人突破(18日まで)する“大ヒット”となったことを報告。

劇場に足を運んでくれた観客や映画製作に関わったスタッフ・出演者への感謝を伝えるとともに、映画『クソ野郎』シリーズ第2弾の製作決定を発表した。

内容や時期などは現時点で未定。                

◆第2弾の製作決定に「タダでも見ないけど」と厳しい声

第1弾の映画化も厳しい批判が相次いだだけに、ネット掲示板「ガールズちゃんねる」には今回も厳しい声が多く寄せられた。

「あれ?
赤字じゃなかったの?w 」

「何だかんだ2作目作るんやねー。
でもこれしか仕事ないからか。 」

「喜ぶのはファンだけだね 」

「タダでも見ないけど
時間が勿体ないから 」

「個人で活動するとか言ってたけど、結局3人セットなんだね 」

「映画作るのは、良いけれど…『糞野郎編』は、止めて欲しい」

「今度はファンに8枚セットぐらいで買わせて前作を越える観客動員数!とかやりそう」

「まさかあのクソグッズもシリーズ化? 」

そのタイトルやグッズの下品さから批判が絶えなかった本作。まさかの第2弾製作とシリーズ化を匂わせる今回の発表に世間がざわついている。

また、SMAP解散時には後押しする声が大多数であったが、その後の売り出し方がまずかった。当初は個々で活動するとされていたが、未だに3人セットでの活動が多い。

そのため、「結局3人セット」という意見にあるように、それぞれが自立せずに元SMAPという肩書にしがみついているイメージが強くなってしまった。

さらに今回の「クソ野郎」シリーズ1作目は観客動員数は稼げたとされているものの、公開日数はたったの2週間。

毎日観客動員数を公開してファンをあおるなど、やり方が汚いと一部のファンから不満が爆発している状態である。

そのため、SNSではじわじわとフォロワー数が減少している結果に。かつてのファンでさえ怒り心頭の状態で第2弾を公開し、果たしてうまくいくのか疑問視する声が多い。

◆一方で「新しい地図ファンには需要がある」と応援の声も

一方で今後の活動を応援する声も見られた。

「ここでは叩かれてたけど、ミッドタウン日比谷では毎日、満員だったよ 」

「頑張ってるのに叩かれててかわいそう 」

「新しい地図ファンには需要があるんだよね。これからもこのスタンスで頑張ればいいと思う。」

「86館で2週間と言う事を考えると大ヒットだと思う。 」

一部のファンにとっては不満はあるものの、彼らの姿を見られるだけで嬉しいというファンも多い。実際、第1弾の公開では連日映画館は満員御礼、多くの観客動員数を叩きだした。

また、草彅剛の動画再生数は人気ユーチューバーを凌ぐ勢いだ。テレビや映画界に若い世代が目を向けなくなった今、ネット上での活動で成功を収めることはある意味賢い選択と言える。

実際、芸能人並み、もしくはそれ以上に稼いでいるユーチューバーも多数存在する。

現在は3人セットでの活動が主の3人であるが、今後は個々の活動が増えていく可能性もあるのではないだろうか。

世間の批判に負けじとネット業界で新たな挑戦をし続ける彼ら。ネット界の風雲児として名を馳せる日はくるのだろうか。今後の活動に期待だ。

月島あおい (つきしまあおい)

日々芸能ネタを掲示板やニュースでチェックするのが日課のアラサーフリーライター。国内のみならず海外のゴシップネタにも興味あり。さまざまな視点から執筆活動を続けている。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ