子犬を迎えてから最初の一週間の過ごし方

2018/2/18 09:00 わんちゃんホンポ

子犬を迎えてから最初の一週間

ミニチュアダックスフンドの子犬

待望の子犬を迎えると、誰もが嬉しく、早く子犬と遊びたい!と思うでしょう。しかし、子犬を迎えてから最初の一週間はその気持ちをぐっと我慢する必要があります。場合によっては飼い主さんの遊びたい気持ちが犬の命を脅かすこともあります。

しつけを失敗した場合はやり直しもできます。しかし、初めの一週間に誤った触れ合いをしてしまうと、取り返しがつかない自体になる危険性があります。それだけ初めの一週間というのは大事に過ごしていく必要があるのです。

今回は「子犬を迎えてから最初の一週間の過ごし方」をご紹介します。子犬だけに限らず、新しい動物を家族に迎え入れた際には、自分の気持ちだけを押し付けずに、迎え入れられた側の気持ちや体調を何よりも重視するようにしましょう。

一週間の過ごし方って?

眠る子犬

子犬を迎えたらまずやること。それは「何もしないこと」です。子犬がやってきたら飼い主さんはあれこれお世話をやき、早く仲良くなって、家に慣れてもらおうと頑張るとします。しかし、まずは何もしないことが大事です。

迎え入れてからの最初の一週間は子犬自身が新しい環境に慣れることが重要です。犬は新しい家の匂いや音、人間に慣れることで精一杯です。そんな時にしょっちゅう抱っこされ、話しかけられ、連れ出されたら犬は不安とストレスを感じてしまいます。

水と食事を与え、トイレをさせる以外は、ゆっくりと休める静かな寝床を用意してあげてください。話しかけたり、抱っこしたりする必要はありません。とにかく今いる環境に慣れさせ、ゆっくりと休ませてあげるのです。

親犬や兄弟犬から離されて見知らぬ場所にきた子犬は不安でいっぱいです。だからといって、見知らぬ人間に抱っこされ、話しかけられるのも不安を深めます。不安な気持ちから鳴くこともあるかもしれません。それでも「静か」で「暖か」で「安全」な環境でそっとしておいてあげましょう。子犬の内から鳴いたときに抱き上げてしまうと、鳴き癖がつくこともあります。環境に慣れさせる意味でも、とにかくそっとしておくことが大切です。

迎えて一週間の子犬

ベッドで眠る子犬

子犬を迎えてからの接し方を考えるうえでも「迎えて一週間の子犬」について、知っておく必要があります。

子犬にとって、新しい家のすべてが「初めて」のものです。どんなに安全で安心できる場所だとしても、子犬にとっては見知らぬ、不安な場所です。知らないにおいに知らない音、親犬や兄弟犬もいません。それどころかほとんど会ったこともない人間までいます。

どんなに迎える飼い主さんやその家族が愛情を持って喜んで迎え入れたとしても、子犬にとっては全てがストレスフルな状態です。そのため、まだ抵抗力のない子犬は体調を崩したり、下痢を起こしたりしてしまいます。迎えて一週間の子犬はとにかく衰弱しやすい状態であることを忘れてはいけません。

まとめ

走る子犬

子犬を迎えてから最初の一週間はとにかく食事とトイレ以外は「何もしない」ことが大切です。だいたい一週間でその家や家族にも慣れていきます。見知らぬ音やにおい、人が、見慣れた安心する音やにおい、人に代わっていくのです。

子犬を迎えたら構いたくなる気持ちはとてもよく分かります。きっと誰もがそうでしょう。しかし、子犬の気持ちや体調が最も優先です。一週間我慢したら、子犬との接触が始まります。そこからしつけが始まり、信頼関係を作っていくことになるのです。触れないことも大事な愛情だということを理解して、ぜひ迎えたばかりの子犬に構い過ぎないように注意してくださいね。

なお、生後数か月で迎えた子犬に限らず、基本的に新しく迎えたペットはどんな子でもデリケートな状態です。人間のはやる気持ちで接することがないように、触れ合い方にはしっかりと配慮するようにしましょう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント12

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ