犬と「引っ張りっこ」で遊ぶ正しい方法と注意点

2018/2/17 18:00 わんちゃんホンポ

犬が大好きな引っ張りっこ

おもちゃを咥える子犬

犬は引っ張りっこして遊ぶことが大好きですよね。うちの愛犬たちも引っ張りっこして遊ぶことが大好きなので、楽しく安全に引っ張りっこするできるおもちゃを選んでいます。

私と愛犬(人と犬)が引っ張りっこして遊ぶときのルール、愛犬と愛犬(犬同士)が引っ張りっこして遊ぶときのルールもあります。

犬が大好きな引っ張りっこだからこそ、正しく安全に遊び、注意する必要があります。

楽しく安全に引っ張りっこして遊ぶために必要なこと

おもちゃを咥えて走る2頭の犬

私は、楽しく安全に引っ張りっこできるおもちゃを選び、引っ張りっこして遊ぶときのルールがあるとお話したのですが、いくつか詳しくご紹介したいと思います。

引っ張りっこして良いものと悪いもの

よく、飼い主さんの靴下を奪い、引っ張りっこしてしまう犬がいますよね。ついつい飼い主さんも一緒になって遊んでしまうのではないでしょうか。

しかし、引っ張りっこして良いものと悪いものがあり、飼い主さんの靴下は引っ張りっこしては悪いものです。引っ張りっこして良いものは愛犬専用のおもちゃのみです。

噛んで良いものと悪いもの、遊んで良いものと悪いものをしっかり理解することで誤飲を防ぐことができます。飼い主さんの物を破壊してしまうことも防ぐことができます。

引っ張りっこ専用のおもちゃ

ロープなど愛犬と安全に引っ張りっこすることができる、引っ張りっこ専用のおもちゃがあります。

引っ張りっこ専用のおもちゃなら大型犬と引っ張りっこしても千切れてしまったり壊れてしまうことは、ほとんどありません。

もし、千切れたり壊れてしまったときは誤飲やケガを防ぐため、すぐに捨ててしまいましょう。少し長めのロープなら犬同士が引っ張りっこして遊ぶのにも安全で遊びやすいと思います。

私と愛犬(人と犬)が引っ張りっこして遊ぶときのルール

“主導権は私(人)にあること!”がルールです。

私と愛犬との上下関係や信頼関係を崩してしまわないようにするためです。

私が「放しなさい」と言ったら必ず放すこと。
私が「おしまい」と言ったら必ず遊びをやめること。
必ず私が主導権を握るようにしています。

愛犬専用のおもちゃであっても管理は私が行い、私がおもちゃを与えたときにだけ遊んで良いことにしています。愛犬専用のおもちゃだからと言って自由に遊ばせてしまうと、破壊してケガをしたり誤飲の原因になってしまうことがあるからです。

愛犬と愛犬(犬同士)が引っ張りっこして遊ぶときのルール

私の愛犬は、体重3kgのポメラニアンの女の子と、体重15kgのミックスの男の子です。お互いが本気になって遊んでしまっては大怪我の原因になってしまいます。

犬同士で引っ張りっこして遊ぶとき、カラダの大きさなどから考えて弱い立場であるポメラニアンに対して、ミックスが少し遠慮がちに遊んでいることがわかります。

愛犬と愛犬が引っ張りっこして遊ぶときも“主導権は私(人)にあること!”がルールです。犬同士で遊んでいるとついついヒートアップしてしまうことがあります。「やめなさい」「放しなさい」と言われたたら、遊びをやめる、おもちゃを放す、それがルールです。

引っ張りっこの安全な遊び方

おもちゃを引っ張るレトリーバー

おもちゃを見て、いきなり大興奮してしまうようであれば、一度落ち着かせてから引っ張りっこしましょう。オスワリやマテをさせ、落ち着くことができると良いと思います。興奮がやみ、落ち着いてから引っ張りっこ開始です。

引っ張りっこ中に興奮してしまったら

引っ張りっこは犬が興奮してしまう遊びでもあります。あまりにも大興奮してしまうようであれば、一度中断し、落ち着かせるようにしましょう。

興奮状態を見極め、冷静に判断することが必要です。興奮してしまったら、その遊びは一度ストップさせます。

飼い主さんがコントロールすること、主導権を握ること。そうすることで遊びながら人と犬との上下関係や信頼関係をしっかりと築き上げることができます。

まとめ

おもちゃを咥えて走る犬

どんな遊びでも主導権は必ず人にあるべきです。引っ張りっこは犬がどうしても興奮してしまう遊びです。

唸ったり噛みついたりする犬もいますし、人と犬がお互いに楽しく安全に遊ぶためにも人が主導権を握る必要があるのです。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ