安住アナにライバル心も? TBS安東アナ“退社決断”の勝算

2018/2/14 12:06 日刊ゲンダイDIGITAL

徳光和夫(右)の後釜も狙える?/(C)日刊ゲンダイ 徳光和夫(右)の後釜も狙える?/(C)日刊ゲンダイ

 安東弘樹アナ(50)のフリー宣言が波紋を広げている。アナウンス部次長としてTBS内の評価も高く、出世街道が約束されていただけに“最もTBSらしい優等生アナがなぜ?”と疑問しきりなのだ。

 一部では後輩の安住紳一郎アナ(44)の人気に敗北感を感じていたのでは、という噂もある。

「安東アナはオールマイティーゆえ社内の雑務もこなし、自身のキャパシティーを超えていたのは確か。それに比べ、安住アナは大物女優さんにも好かれ、局アナの域を越えて“キャラ勝ち”の感があり、世渡りのうまい安住アナを横目に自分もフリーになって勝負したくなったのかもしれません」(テレビ関係者)

■何でもこなせる“ザ・安定”の逸材

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「安住アナと安東アナでは求められるものが違うのでライバルにはならないのでは。それより、安東さんにとって今がフリーになる最高のタイミングだと思います。バラエティー、スポーツ、報道と何でもこなせて、知名度もある。しかも帯番組ができて、身辺調査も問題ない、まさに“ザ・安定”の逸材です。キャスターの降板問題が相次ぐテレビ業界で求められるのは“新鮮味”より“安定”ですから、フリーになるなら今でしょう。4月の改編には間に合わなくとも、9月のレギュラーもあり得るし、今後はオリンピック特番など引く手あまただと思います」

 退社を表明した翌日(10日)はSKE48のコンサートに出演。冠番組「SKE48 ZERO POSITION」の進行役を務めていることもあり、斉藤真木子(23)から「辞めてもガッポリでしょ?」といじられる一幕も。

 また、SKE48の司会を足掛かりに“本陣”AKBグループにも進出するのではという噂もある。年に1度の晴れ舞台であるAKB総選挙の司会は徳光和夫(76)が務めているが、4時間にも及ぶ総選挙は老体にはなかなかハード。安東弘樹に代替わりする日も近い?!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント18

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ