食事のしつけは、子犬のトレーニングの第一歩!その手順と気を付けるべきポイント3つ

2018/2/14 11:00 わんちゃんホンポ

食事のしつけは、子犬のトレーニングの第一歩!

器を見つめる子犬

犬と人間が仲良く一緒に暮らすためには、飼い主さんが、家族(群れ)のリーダーにならなければいけません。犬の支配下で人間が暮らすようになったら、犬の我儘に人間が服従する形になってしまい、すっかり傲慢でワガママになった犬を、飼い主さんは持て余すようになるでしょう。また、しっかりしたリーダーを認めない犬は不安定で、時に攻撃的になります。人を咬んだり、威嚇したりする犬は家族から愛されることはなく、犬も人間を愛そうとは思いません。そんな不幸な関係にならないように、家族の一員として犬を迎えた以上は、飼い主となった以上、犬のリーダーとして、人間と暮らすためのルールを、犬に教えていく必要があります。食事のしつけは、そのトレーニングの第一歩と言えます。

なぜ、食事の時間をしつけのために使うのか?

健康な犬なら、ほとんどの犬は食いしん坊です。その食欲を利用して、人間の意志を犬に伝えるのが、トレーニングの場として食事の時間を使うという方法です。
犬と人間の間に絶対的な信頼関係が築ければ、ごはんやおやつなしでも人間の指示にきちんと従いますが、まだ、信頼関係が築けていない間は、食べ物を使ったトレーニングが手っ取り早く、人間の意志を犬に伝えることが出来ます。

子犬に食事のしつけを始める時期

ご飯を待つ子犬たち

子犬が乳離れをし、離乳食を始めたら、すぐにトレーニングを始めます。

食事を与える回数

離乳食を始めたばかりの子犬は、胃袋が小さく、一度にたくさん食べることが出来ません。
一日の食事の分量を、3~4回に分けて与えるようにしましょう。

食事のしつけの手順

器を抱える犬

食事のしつけで大切なのは、「飼い主さんの指示がないと食べられない」
「飼い主さんがヨシ、というまで我慢する」ということを徹底的に教え込むことです。
そうすると、生活、行動の全ての状況の中で、飼い主さんが「マテ」と言えば、どれだけでも、どんな時でも、例え、どんなに興奮していても、瞬時に自分の行動を止めることが出来る犬になれます。
そして、飼い主さんの言葉にしっかり従えるようになれば、食事以外のトレーニング、「おいで」「コイ」など、犬の行動を制御するコマンドを教えることも難しいことではありません。

「マテ」を教える

まず、子犬と少し離れた場所に子犬用の食事を用意します。
短く、首が締まらない程度にリードを持ち、子犬の動きを制御します。
「マテ」と指示を出して、子犬が飼い主さんのその声に反応し、飼い主さんの顔を見て(アイコンタクトが出来ている状態)動きを止めたら、「いいこ!」と即座に褒めて、少しおやつを与えます。

「ヨシ」

おすわりをし、飼い主さんの指示を待っているようであれば、「ヨシ」と声を出し、リードを緩めて、ごはんを指し示します。

なかなか上手にできなくても、根気よく続けましょう。

気を付けるべきポイント3つ

片手を上げる子犬

1.ねだられても、威嚇されても、許可しない

「マテ」をさせて待たせている途中、飼い主さんを威嚇するように吠えたり、甘えておねだりしてきても、それを理由にご飯を食べる許可を与えてはいけません。
あくまで、飼い主さんの気持ち一つなのだ、と毅然とした態度で犬に理解させる必要があります。
威嚇するようなら、犬を無視するようにごはんも与えず、その場を去ってください。
甘えてきても、ヨシ、というまでは我慢させましょう。
吠えたてるからご飯を与えてしまうと、「吠えるとご飯がもらえる」と勘違いしてしまいます。そうなると、飼い主さんよりも自分の方が力を持っている、と飼い主さんを見下してしまうことになりかねません。
「飼い主さんから褒められると、おやつがもらえる」
「お利口にマテをしていると、ごはんを貰える」と言ったように、ごはんや、おやつは愛犬からねだられて与えるものではなく、飼い主さんが愛犬の行動に対して、与える報酬だと理解させましょう。

2.残したご飯はすぐに片付ける

食べ残したご飯は、すぐに片付けてしまいます。
犬が好きな時間に好きなだけ食べれるようにしてしまうと、「ご飯は、リーダーが自分に与えてくれるもの」ということを犬が理解できません。
また、いつでもご飯を食べられる、という状況は、犬の肥満を助長します。
それに、ご飯の素材によっては長い間放置していると腐る可能性もあります。

3.食事の時間は、飼い主さんが決める

いつも、決まった時間にご飯を与える習慣をつけてしまうと、その時間になるとご飯をねだるようになります。
どんなに遅くなっても、必ずごはんを食べさせてくれる、と犬が信用していれば、飼い主さんがご飯を用意するまで待てるようになります。

食事のしつけを始める前に知っておくこと

首をかしげる犬

食事の量

離乳食を始めたら、子犬が一度の食事でどのくらいの量をキレイに食べるのかを把握しておきます。
与えすぎて、お腹を壊したり、吐いたりするようなら、量を減らすなど、様子を見て、食事の量を調整しましょう。

食事の内容

ペットショップや、ブリーダーさんから子犬を迎える時に、どんな食事を与えるべきか、相談しましょう。
ご自宅で生まれた子犬なら、母犬の出産時にお世話になった獣医さんに相談してもいいと思います。

体重を測る

どのくらいの量を与えると、食べすぎなのか、逆に不足しているのか、成長の度合いを見極めるためにも、本格的に食事のしつけを始める前に、子犬の体重を測っておきましょう。

まとめ

ご飯の横に寝転ぶ子犬

まだ、大人になり切れない可愛いさかりの子犬に、食事の我慢をさせるのはなかなか飼い主さんにも心苦しい場面だと思います。けれども、この食事のしつけを通して、「マテ」「ヨシ」「コイ」などのさまざまなトレーニングがスムーズに行えるようになるでしょう。飼い主さんをリーダーとして認めて、そのリーダーが決めたルールに従って暮らすことは、犬にとっても飼い主さんにとっても大事なことです。健康状態にも気を配りながら、根気良く、子犬の食事のしつけを行いましょう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント16

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ