犬の甘え鳴きについて

2018/1/19 19:00 わんちゃんホンポ

犬が甘え鳴きをする理由

ポツンと座る犬

犬が甘え鳴きを飼い主に向かってする理由は、自分に注目して欲しい、欲求を満たして欲しいという願望による場合がほとんどです。

甘え鳴きは、飼い主が愛情をワンちゃんに充分に与えていても起きることなので、甘え鳴きが起きたからといってワンちゃんにストレスが溜まっているわけではありません。

また、飼い主に問題があるわけではないのです。飼い主とコミュニケーションをもっととりたい、あるいは飼い主に欲求を満たして欲しいというワンちゃんなりの意思表示といえます。

犬の甘え鳴きへの対処法

吠える犬

犬の甘え鳴きに対して決してしてはいけないことがあります。それは無視をしてしまうことです。ワンちゃんが甘え鳴きをして何かしらの欲求を訴えかけている時は、出来る限り反応してあげましょう。

過度な無視や無反応をしてしまうと愛犬が愛情不足と感じてしまい、問題行動を引き起こすようになります。酷い場合だと、周囲に危害を及ぼすこともあるので絶対に愛犬の甘え鳴きに対して無反応を決め込まないようにして下さい。

犬の甘え鳴きとしつけ

暴れた犬

犬の甘え鳴きに対して無視はいけませんが、甘やかし過ぎも躾の観点から考えると決して良いとはいえません。例えば、夜中にワンちゃんが散歩へ行きたいと甘え鳴きをしても、実際にお散歩には連れて行けません。夜は寝る時間だということを愛犬に教えなければなりません。

また、ご飯を食べた後に空腹を訴えて甘え鳴きをする場合も想定されます。食事は毎日決まった時間にしか食べられないということを身に付けさせていかなければなりません。

甘え鳴きに応えるタイミングとしつけをしなければいけないタイミングを見極めて、愛犬と接してあげて下さい。

犬の甘え鳴きとコミュニケーション

寄り添う犬

愛犬の甘え鳴きは飼い主にとって、スキンシップを取るチャンスです。ワンちゃんの構ってアピールに真摯に向き合い、受け止めることによって愛犬との絆がより深まっていきます。行き過ぎた甘えには適切な躾が必要ですが、「遊んで欲しい」という欲求には構ってあげられるだけ遊んであげましょう。

特に普段時間が中々取りにくい場合、愛犬とのコミュニケーションも疎かになりがちです。スキンシップが滞ってしまうとワンちゃんにとっては大きなストレスとなってしまいます。

ワンちゃんにとって綿密なコミュニケーションを行い、意思疎通を測れるのは飼い主しかいないのです。よって、犬のストレスが溜まって問題行動に発展する前に発散させていくことが何よりも大切です。

まとめ

吠える子犬

犬の甘え鳴きは良いイメージを持つ方が少ないと考えられます。甘え鳴きをするワンちゃんは自分勝手だ!という悪い印象が犬を飼育したことのない人にとってはあると思います。

しかし、甘え鳴きはワンちゃんとの信頼関係を深めるには極めて重要です。なので、愛犬が甘え鳴きをよくするからといって「うちの子はワガママなのだ」と落胆する必要はありません。他の子よりも甘えん坊なだけなのです。

時にはしつけを交えながらコミュニケーションを十分に取ることで分別のある利発なワンちゃんに成長します。甘え鳴きには甘過ぎず厳しすぎず、臨機応変に対応することが重要です。

愛犬への接し方によってワンちゃんの行動原理や性格がある程度形成されていきます。特に子犬のうちは甘え鳴きが多くなる傾向が高いので、しっかりとコミュニケーションとしつけを行い、問題行動を起こさないよう育てることが飼い主の責任です。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ