大人の恋愛・結婚はまだまだこれから!晩婚になりがちな職業って一体何?

2018/1/14 17:00 美容マガジン myreco(マイリコ)

近年の40代や30代後半は仕事も恋愛も「まだまだ」な年代。恋愛や結婚を諦めるには早すぎる年代となってきました。それほど、日本の晩婚化は進んできています。 一体いつから?そもそもどうして晩婚化が進んでいるの? 今回はそんな素朴な疑問から紐解き、これから恋愛や婚活を始める方にお勧めできる職業をご紹介していきます。 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

そもそもどうして「晩婚化」?非婚・未婚主義が増えた理由


【男性】結婚より自分の生活で手一杯

Y's harmony/stock.adobe.com

ちょうど今から20年ほど前。いわゆる「就職氷河期」と呼ばれる時代が到来しました。要因としては、消費税引き上げや大手金融機関の破綻がバックヤードとなっているものの、当時の企業は「即戦力」重視。新卒の採用はどんどんと下降し、反対に経験者を求める傾向へと流れていきます。


同時に、派遣社員の規制緩和が行われたのもこの時代。給与の安い非正規雇用が増加し、さらに追い打ちをかける不況やリーマンショック。


そんな中、世間は苦肉の策だったのか、当時のこの状態を「自由がある、かっこいい働き方」だと位置づけました。フリーターやニートという言葉が生まれ、一気に増加しているのも実はこの20年前に大卒だった世代。つまり、この1990年後半~2000年で新卒だった男性は、基本的に「稼ぐことが難しい世代」なのです。


逆算していきましょう。ちょうど20年前なら、現代でいうところの「アラフォー世代」がこの就職氷河期を経験した世代に当たりますね。


となれば、家計を支えることがメインとなるはずのアラフォー男性は、正直なところ「自分が生きるだけで精一杯」なはず。結婚して家庭を持とう、なんていうのは夢物語のような部分も多くあります。


2017年時点、パートやアルバイトで生活している非正規社員の男性は2000万人以上。晩婚どころか、非婚主義を貫く男性も増加の一途をたどっています。

【女性】女性の社会進出により、価値観の変化が生じている

naka/stock.adobe.com

日本の晩婚化が進んでいる最も大きな原因は「女性の社会進出」だと声高に叫ばれていますが、女性が社会に進出し、自立し、自分らしい生き方を選択できるようになったことは、決して間違ってはいません。ただ、その「アフターケア」が不十分なのではないか、というのが専門家の見解となっています。


結婚だけであれば、会社はそのまま受け入れてくれます。業務に大きな穴が空くことも少なく、仕事に復帰することも難しくはありませんよね。


ただし、「妊娠」や「出産」となるとどうでしょうか?もしかしたら数年は仕事から離れるかもしれない。最悪、仕事には復帰できないとなると、今までのキャリアは基本的に使い物にならず、夫の収入に頼らざるを得なくなります。


今まで自由に使えていたお金も、全て夫頼り。夫に何かあったら?今まで自由に使えていたお金は?そして、想定外ではあったとしてももし「離婚」になってしまったら?


女性の社会進出は、良い面がたくさんあります。ただし、その反面、結婚や妊娠、子育てといった人生をかけるような大仕事には尻込みするようになってしまっているのもまた事実です。


これは「価値観の変化」といっていいでしょう。子育てよりもやりたいことがたくさんある、結婚よりも楽しい今が何よりも好き・・・そんな女性達が「晩婚化」をさらに加速させているようです。


それでも結婚したい男性はいます!こんな職は「晩婚」になりがち


1.IT関連技術者

diego cervo/stock.adobe.com

休みも少なく、PCの前から動くことも少なく、出会いも少ない・・・「3ない職」の定番、IT系職。華やかなイメージもあまりない上にその過酷さから「IT土方」なんて言葉も出現した程です。


ただ、この職業が晩婚なのは、男女の比率が偏っていることが大きな原因です。ほとんどが男性の職場のため、収入に反して晩婚だったり、女性の影がなくなってしまうようですね。


今後もIT関連は伸びしろのある職種。狙ってみてもいいかもしれません。

2.ブライダルプランナー

tatsushi/stock.adobe.com

「結婚のリアルな現実を見て幻滅した」という声の多いウェディングプランナー。こちらも男女問わず花形職業で、結婚というシステムが有る限りは必要とされる職種です。


ある意味結婚の「酸いも甘いもかみ分ける」仕事であり、いざ話がまとまってしまえば現実的で堅実な結婚生活を送っている方も多いようですね。何より、女性の夢であるウェディングを自分達で総プロデュースできるのは嬉しいポイントです。

3.医師・看護師等の医療関連職

beeboys/stock.adobe.com

激務でもやりがいと高収入が得られる医療職。こちらも晩婚化の傾向にあります。収入があると休日には自分の好きなことに目一杯時間を注げますし、ほぼ途切れない経済力もあって「婚期が長い」ともいわれる職種。今でも医師の奥様を狙っている方は多いのではないでしょうか。


もちろん、出会いやご縁があれば可能なはずですが、相応の教養やマナー、家庭を全て運営できる手腕がないと難しい職種です。高収入ということは、お付き合いするお相手もやはり相応。恥ずかしい思いをパートナーにさせないためにも、一定以上の知識や相手を立てるための素養が必要となってきます。


とにかく「ご縁」がないと始まらない!アクティブに動いていこう

naka/stock.adobe.com

どんな職種、どんな関係にもいえることですが、こればかりは待っていても来るものではありません。縁を引き寄せるためには、自分から積極的に動くこと!これに尽きます。


婚活ファッションやメイク、ネイルをチェックしたら、今度は「場所」にシフトしていきましょう。自然と感性が合う「運命の人」に出会えるかもしれませんよ♪

いかがでしたでしょうか?

40代から始める「大人の恋愛」は情熱的よりも「ゆっくり燃える」のがベスト。結婚に繋がるようなパートナーを見つけていきたいですね。

是非参考にしていただき、素敵な恋愛、素敵な結婚へと踏み出してみて下さいね。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ