【酒とイタタ!】バーで出会うオトナの恋~結婚までいく店と、その夜限りの店の違い~その1~

2018/1/13 15:00 Suits-woman.jp

「自称クリエイター」から売れっ子芸能人まで、半ニートから高額所得者まで……幅広い社会人のるつぼ・下北沢のバーを中心に「一人飲み」歴10年以上のライター・きたざわ御神酒(おみき)です。酒の席で遭遇した男女の「へー」「うわー」「あら~」「イタタ!」なヨモヤマ話をご紹介します。

『バー婚』カップルが出る店のマスターは、絶対に「つきあっちゃえ」と言わない

私の周囲には「バーで出会ったのをきっかけに結婚したカップル」が、数組います。経済的、社会的な違いはさておき、はたから見て「円満に長続き」している『バー婚』カップルには、大きな共通点があります。

1番のポイントは「通っていた店・マスターのタイプ」です。

バーで始まる恋愛、というと、ドラマでは「へべれけになった翌朝、ふと気づけばベッドの隣に裸の異性が……」なんてのを100回は見てますが。そういうきっかけで結婚してるカップルは、私の知る限りは1組もおりません。私が好んで行く店がすべて、『そういうのは嫌うけど、基本的にお客さん同士が仲良くなってほしいマスター』のお店だからです。

バーという空間では、マスターはただの店員ではなく『店を司る法律そのもの』です。酒を提供する店では「酔って理性のタガがゆるんだ複数のお客をさばく」術がなければ、店主はつとまりません。最初はジェントリーに飲んでいたお客様でも、酔って雲行きがおかしくなることが、バーではしょっちゅう起こります。話がしつこくなったり、他のお客にからんだり、寝たり、吐いたり、やたら人に酒をおごったり、異性にユルくなったり……いろんな酔い方がある。

『常連=継続的にお金を落としてくれる人々』の心をつかみ続け『居心地のいい店』であり続けるために、マスターは必ず、お客を『仕分け』しています。相性の悪そうなお客同士が隣合わせに座らないようにしたり、新規のお客を座らせるには、どの人のそばなら大丈夫か、計算して案内します。そして時には、店と相性の悪いお客に『出入り禁止』を言い渡し、店の秩序を守ったりするわけです。

円満な結婚生活に至るカップルを輩出するような店のマスターは、決して「つきあっちゃえば?」的なノリの人ではありません。どちらかといえば「お持ち帰り」を画策する男子を牽制して女性客を守ったり、異性に奔放なお客を嫌う傾向があります。

バーのマスターの「お客カップル成立」に対する意外な本音!?

以前、行きつけの店のマスターから、意外な事を言われました。

「常連のA君とBちゃんが付き合うことになった、って、さっき2人で報告に来てさ……」

A君は32歳のアパレル広報マン、Bちゃんは26歳の大手メガネチェーンのカリスマ美人店員。2人とも性格も良く、誰が隣に座っても機嫌よく会話できるタイプの、素敵な人たちでした。私は「よかったね~!」とはしゃいだのですが、マスターは以外にも渋い顔。理由を聞くと……。

「うまくいけばいいんだよ。でも、別れたりすると、どっちか店に来なくなったりするから。特に女の子」

なるほど!以前少し書きましたが、バーにとって『女性客』はとても大事です。特にBちゃんのように、若くてかわいくて協調性のある女子は、店にとってはカウンターに座っててくれるだけでもありがたい『おタカラ常連』なのです。

「それこそ、結婚するくらいうまく行ってくれるんなら、いいんだけどさ……」

マスターの本音には、道義的に2人を応援したい気持ちと、店としての利己的な部分、両方が含まれています。だから、こういう経営感覚を持ったマスターの店は『女性が 継続的に 安全に楽しめる』お店になるわけです。

この件で、私は「お似合いだし、大丈夫でしょ」とノンキに祝福していましたが、その後、2人は4か月で破局しました。当時は、2人が付き合う時点で渋面だったマスターを「心配しすぎじゃない?」と思っていました。が、バー通いを10年以上続けた今となっては、私にも、なぜあの時マスターがあのテンションだったか、理解できます。

マスターは「わりとすぐ別れそう」な事を、うっすら予感していたのです。バーのマスターという職業は、時にはお客と2人きり、愚痴を聞くカウンセラーのような役割も務めます。客の職場や家庭と何の接点もないマスターだからこそ、客は楽な気持ちで、酒に任せた重たい本音を漏らしたりします。だからマスターは、常連客の性格をわりと正確に見抜いていて、「この2人はうまくいくか?」カップルとしての相性を、かなりの精度でシミュレーションできるのです。

このタイプのマスターは、長い間同棲していて結婚にふみきれないカップルなどに対しては、協力的に「男がプロポーズする方向」に仕向けたりします。ただ「〇〇ちゃん、いいな~」程度の男子には「つきあっても、めんどくさいから結婚するまで報告しないで」とすげない態度を見せたりして……。

総合結果的に、女性を軽い男から守り、女性の安定を応援してくれるのです。

こういうマスターと、『一夜限り』を出しやすいマスター。私が一人飲み歴10年以上の間に見いだした『初見で見分けるポイント』があります。~その2~に続きます。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ