「かけ」か「ざる」か?年越しそばの知っ得情報

2017/12/30 12:02 教えて!gooウォッチ

「かけ」か「ざる」か?年越しそばの知っ得情報 「かけ」か「ざる」か?年越しそばの知っ得情報

年末に、家族や親族と年越しそばを食べる習慣がある家庭は多いと思う。年越しそばは、地域や世代により「かけ」や「ざる」と食べ方がいろいろある上、乗せる具も異なるようだ。「教えて!goo」にも、大晦日といえば年越しそばだが、「あなたは、かけそば派?つけそば派?それとも?」と質問しているユーザーがいた。そこで今回は、蕎麦鑑定士1級の資格を持ち、長年そば粉などの製造、販売を行っている大西製粉の大西響さんに、年越しそばは「かけ」なのか「ざる」なのか、年越しそばの正しい食べ方、そばと一緒に食べたいおかずなどについて聞いてみた。

■年越しそばの風習、由来

年越しそばは「かけ」なのか「ざる」なのかの前に、そもそもな部分のおさらいだ。年越しそばを食べる習慣は、いつ頃から始まったのだろう。

「年越しそばの由来には、『細く長いそばのように健康長寿を願う』、『今年一年の災厄を断ち切る』、『金細工職人がそば粉を使用したから金運が上がる』など諸説あります。古くから続く風習と思われがちですが、江戸時代に大都市から始まった食文化です。その頃地方では、ご飯と『年取り魚』が大晦日のご馳走であり、全国で年越しの食文化として定着したのは昭和に入ってからでしょう。テレビ番組で、年越しそばを食べる人々や、年越しそばを出前する様子などが放送されたことがきっかけとなったようです」(大西さん)

「年取り魚」とは、新年を迎えるにあたり、大晦日に準備する最高のご馳走のことで、主に鯛や鮭、ブリなどが食べられてきたそうだ。ではいよいよ本題。「かけ」「ざる」では、どちらが年越しそばとして適切なのだろうか。

「年越しそばは、海老天がのった温かい『かけそば』をイメージする人が多いようです。ヒゲが生え“腰”が曲がっている海老は、健康長寿の象徴だからです。しかし、そば打ち愛好家などの間では、冷たい『ざるそば』を好む方も多く、お好みに応じてさまざまな形があるのかもしれませんね」(大西さん)

年越しそばは「かけ」「ざる」どちらでも良いという結果に。では、 食べるタイミングについてはどうだろう。

「年越しそばを食べるタイミングは、大晦日の昼食、夕食、深夜が多いですね。地方によっては年明けに食べるという地域もあります。私の住む長野県では、12月に入ると毎週末そば会が開かれます。今日は公民館でそば会、来週は家で家族会といった具合に、12月は何度も年越しそばを食べます」(大西さん)

因みに筆者は、年が明ける直前に食べているが、皆さんはどうだろう。

■いつもの年越しそばではつまらないという人に

年越しそばのトッピングは、海老天やとろろなどが王道である。変わり種は何かないのだろうか。そこで、目先を変えた食べ方を大西さんに提案してもらった。

「長野県では、『投じそば』という食べ方があります。地域によっては『煮こじそば』、『鬼かけそば』とも呼ばれるもので、汁の中に旬の野菜や白菜、大根を加えて煮込み、茹でたそばを投じながら食べます。私の好物は、切り餅を油で揚げて作った揚げ餅を、かけそばに加える揚げ餅そばです。とても美味しく食べ応えがありますよ」

「投じそば」は、いわばつけ麺みたいな食べ方をするようだ。

では年越しそばに、おかずを用意するとしたら、どのようなものがよいだろう。

「長野県の田舎では大晦日の夕食から昆布巻や田作り、きんぴらなど、おせち料理をつまみながら年越しそばを食べます。お酒のおつまみには、黒殻を脱皮したそばの実を煎り、味噌とかつお節を合わせて焼き目をつけたそば味噌がおすすめです」

そば味噌をなめながら大晦日にとっておきのお酒をあけるのはまさに至極のひと時になりそうだ。

最後に一風変わったそばのアレンジメニューも教えてもらった。

「そば粉を鍋でよく練ったそばがきに、きな粉と砂糖をかけたり、小豆の汁粉に入れ、スイーツ年越しそばはいかがでしょう。そば粉100%のガレットも新鮮です。正月にお餅やご馳走を食べ過ぎた方には、そばの実の雑炊で胃を休めていただきたいですね」

慌ただしい年末年始だが、目新しい年越しそばは作るのも、食べるのも楽しそうだ。

「家族や仲間と、年越しそばをすすりながら一年を振り返り、新年の抱負を語るひとときは、身も心も温まる幸せな時間ですね」と大西さん。形はさまざまながら、年越しそばという食文化が長く愛されてきた一番の理由は、その時間を過ごすためなのかもしれない。

●専門家プロフィール:大西 響
有限会社 大西製粉 5代目代表。蕎麦鑑定士1級。「地元信州の蕎麦の栽培を推進すること」「製粉技術の発展に力を入れること」「産地と消費者を結ぶ、橋渡し役となること」をモットーに、明治25年より、そばの栽培やそば粉の製造、販売を行う。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ