愛犬が飼い主の足の間で寝ている時の4つの心理

2017/12/11 20:20 わんちゃんホンポ

愛犬が飼い主の足の間で寝るのはなぜ?

足の間にいる犬

飼い主さんがくつろいでいると、いつの間にか愛犬も飼い主さんの足の間に挟まって寝ていることはありませんか?

いつの間にかすっぽりと足の間に挟まって寝ている…気づいた時にはとてもほっこり癒されますよね。しかし、他にも寝る場所はたくさんあるのに何でわざわざ人間の足の間で寝るの?と不思議に思ったことはありませんか?

今回は、そんな「愛犬が飼い主の足の間で寝ている時の心理」を4つご紹介したいと思います。
ではさっそく、見ていきましょう!

足の間で寝る心理その1:挟まると安心するから

眠るゴールデンレトリバーの赤ちゃん

大好きな相手とぴったりくっついて過ごすことは、とても幸せですよね。犬にとっても大好きな飼い主さんとくっついて眠ることはとても安心できるし、穏やかでリラックスできる時間なのでしょう。

また、犬は寝床として狭い場所を好み、仲間とくっついて眠ることで安心します。人間が足を少し開いて横になると、犬にとってちょうどよい隙間になって温もりも感じられる部分なので、足の間に挟まって寝ているのだと考えられますね。

足の間で寝る心理その2:飼い主さんにくっつきたいから

「甘えたい」という気持ちがあり、飼い主さんにピッタリと寄り添ってくつろぎたいのでしょう。

愛犬と良い信頼関係ができている場合、寝ている状態では飼い主さんの足元に居ることが多いです。

足元かつ狭い隙間にいたいという両方を叶えられるのが、飼い主さんの足の間で寝る状態ですよね。ワンちゃんにとって1番落ち着く場所なのではないでしょうか。

足の間で寝る心理その3:飼い主さんのにおいが好きだから

女性と犬

足の間、特に足先と股間が大好きな犬は多いです。これは、足の裏や股間は汗などの体液が分泌されやすい部分で、人の体の中でも特にニオイが出やすいですよね。

犬にとってもその人のニオイをより良く感じ取ることができる部分です。大好きな飼い主さんのニオイをたっぷりと感じながらウトウトするのはとても心地よいのでしょう。

少し恥ずかしいですが、愛犬が心ゆくまでさせてあげると喜んでくれるでしょう。

足の間で寝る心理その4:温もりたいから(寒い時)

秋〜冬の季節には寒くて人肌恋しくもなりますよね。寒がりのワンちゃんは、暖かさを求めて飼い主さんの足の間に挟まっていることもあるでしょう。

私たちにとっても、愛犬がくっついてくれることによって暖を取ることができるので嬉しいですよね。お留守番などで飼い主さんがいない時は、寒くて震えているかもしれません。

短毛や痩せ気味で寒がりなワンちゃんの場合は、寒さ対策をしっかりと忘れずにとってあげましょう。

まとめ

足もとに居るジャックラッセルテリア

いかがでしたでしょうか。犬はどんなキモチで人の足に挟まって寝るのか、謎は解けましたか?

今回挙げた心理以外にも、それぞれのワンちゃんにそれぞれの理由やキモチがあるかもしれません。

自分の愛犬は今どんなキモチなのかな?と考えてみる習慣をつけると、犬のことを理解しやすくなり、より良い関係を気付けるでしょう。

あなたと愛犬や周りのワンちゃん達がより楽しい毎日を過ごせますように!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント13

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ