結婚したら、パートナーにどう呼ばれたい?女性で一番人気は「妻」、しかし実際は……?

2017/11/15 08:01 Suits-woman.jp

日本語にはさまざまな種類がある夫婦の呼び名。例えば「妻」は「嫁」「奥さん」「かみさん」「家内」「ママ」「女房」など、「夫」は「主人」「旦那」「パパ」「亭主」など。ほかにも夫婦共通で使う「連れ合い」という言葉もあります。どんな呼び方をしているのかは夫婦それぞれですが、現在独身の人でも「結婚したらこんな呼び名で呼ばれたい」というビジョンがあるのでは?

男性は「主人」女性は「妻」と呼ばれるのが理想!

「株式会社インテージリサーチ」では配偶者がいる20~69歳を対象に「夫婦の呼び方」に関する調査を行なっています。夫と妻それぞれの「理想の呼び方」と「実際の呼び方」は、どのくらい共通しているのでしょうか?まずは結婚後のパートナーによる理想の呼び名を、男女別に見ていきましょう。 

 

結婚後のパートナーによる理想の呼び名(男性)

1位 主人……29.0%

2位 旦那……16.2%

3位 お父さん/パパ……12.3%

4位 夫……11.5%

5位 自分の敬称付……8.6%

 

結婚後のパートナーによる理想の呼び名(女性)

1位 妻……23.0%

2位 奥さん……17.9%

3位 嫁……12.1%

4位 名前の呼び捨て……11.8%

5位 家内……11.4%

 

男性は「主人」、女性は「妻」が一番人気。ほか気になるのは、男性は「お父さん/パパ」が3位にランクインしているのに対し、女性で「お母さん/ママ」はランク外でした。「夫から“お母さん”や“ママ”と呼ばれるのは、夫婦の関係性がおざなりになっている気がする」というのはよく耳にする話です。

女性の結婚後の呼び名は、理想と現実に大きな差!

次に紹介するのは「結婚後のパートナーによる実際の呼び名」。男女ともに、理想とどのくらいギャップがあるのでしょうか?調査結果を見てみましょう。

 

結婚後のパートナーによる実際の呼び名(男性)

1位 主人……23.4%

2位 旦那……22.9%

3位 お父さん/パパ……17.6%

4位 名前の敬称付……11.0%

5位 夫……7.3%

 

結婚後のパートナーによる実際の呼び名(女性)

1位 嫁……23.0%

2位 奥さん……15.7%

3位 名前の呼び捨て……12.3%

4位 家内……10.9%

5位 妻……10.6%

 

まず男性の現実の呼び名と前述の理想の呼び名を比較すると、1位から3位までは順位と共通しています。4位と5位は入れ替わっていますが、全体的に理想と現実にほぼギャップはないといっていいでしょう。

一方女性の場合、理想の1位が「妻」だったのに対して現実の1位は「嫁」!「妻」は5位まで後退しており、理想と現実のギャップが出ているのです。

 

なぜ女性は「妻」と呼ばれたいのに、男性は「嫁」と呼ぶケースが多いのでしょうか?それぞれの言葉の違いを考えてみると、「妻」はシンプルに配偶者の女性を表す言葉ですが、「嫁」には「(親目線による)息子と結婚して家族になった女性」という意味もあります。もしかすると「男性の家系に入る」意識における、夫婦感の気持ちの違いが関係しているのかもしれません。

 

【調査概要】
調査実施機関:株式会社インテージリサーチ
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象者:インテージ・ネットモニター 全国20歳以上69歳までの男女個人
サンプル構成:平成27年国勢調査ベース(性別×年代別×居住エリア×未既婚)母集団準拠
設計数10,000サンプル
調査期間:2017年3月30日(木)~3月31日(金)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ